英屋のブログ

英屋へようこそ!

寺岡呼人ソロライブin-Xpt.と、愉快なおじさんたち。

f:id:hideyanoblog:20180409154626j:image

三度目の寺岡呼人ソロライブでした。

昨年11月の打ち上げの席で昨日4月8日のライブの日にちを決定してしまったという、寺岡さんとシンガーソングライター浜端ヨウヘイさんの意気投合ぶりが伺えるこの高知ライブ、in X-pt.

ふたりで作った新曲の披露があったり、相変わらず場内爆笑の連続、楽しすぎるひとときでありました。

わたしとしては、思い入れのある大好きな「夜曲」という曲を、前回に引き続き今回も、しかも!今回はバンド編成verで、さらに!!まるで山崎まさよしのような、力強くて人のこころを揺さぶる歌唱力のある浜端ヨウヘイさんの歌声で聴けたのがもう、感無量でありました。。。

昇天しました、前回もそうでしたが、今回もしました。

youtu.be

長い長い旅の果てに 僕はこの岸辺にやって来た

どこに向かい流れてるの 目の前の河よ

向かう場所も見失って なのに何故ぼくは生きてるの

問いかけてもこの景色は なにも答えない

・・・

  

寺岡さんご本人にこの曲が大好きで、とお伝えしたことがございました、浜端氏自身も高知大生時代にこの「夜曲」と縁があった。

生まれも育ちもこの場所なので、河の景色とともにもうずっと生きてるようなものなので、なんだか引き込まれるんだよなぁ・・・。

あぁ、あのときは頭がいっぱいで、返事なんてもはやうろ覚えなんだけども、きっと「キミのリクエストになら、いくらでも僕は答えるつもりだよ♥」と応えてくださっていたのに違いない。(狂気!)

 

f:id:hideyanoblog:20180409154634j:image

この日は1人でしっぽり寺岡ワールドに浸ってやろうと思っていたら、隣に愉快なおじさんMがいたので、だいたいこの日の流れはここで決定してしまった、まずもってこれを購入しようなどとは思ってもいなかったからな、人生の初めて得たペンライトなのですっごくテンションが上がっちゃって、本来は終盤の「ゴレンジャー」の曲目で出すという暗黙のルールをすっかり忘れていた。

最初っから振り回していたのはわたしと、もうひとり、嬉しかったんだろうねー光るからー、小さな僕くんだけでしたねー。

いや、誘導灯だよ、交通整理をしていたんだ、おかげでドリンクバーへの人の流れはスムーズだったじゃないかっ。

f:id:hideyanoblog:20180409154643j:image

愉快なおじさんM氏はお町のお店さんに顔が広い人。

ここぞとばかりにわたくしも、お店開拓にM氏におながいするのです。

ライブの打ち上げは念願の「ダレヤスケケムリ」さんにて!

f:id:hideyanoblog:20180409154648j:image

f:id:hideyanoblog:20180409154651j:image

f:id:hideyanoblog:20180409154657j:image

タラの芽天、ヨモギと新玉ねぎ天、ヨモギのかほりと新たまねぎの相性が良い!、ホタテの酒蒸し。どれも絶品!

つぶ貝と菜の花にわさびが効いた和物、絶品!はじくのが好き!

f:id:hideyanoblog:20180409154704j:image

f:id:hideyanoblog:20180409154710j:image

某こんじる氏のブログなどでいつも見ていたので、ずっと行きたかったの!(あの人記憶ないのに来てるよね(笑))

念願叶いました!また行きます!

 

わたしの呼人がわたしのためにあの歌を歌ってくれたんだということを熱弁し、そして、「愛しあってるかい」の歌で私だけを見つめて歌っていた、これはもう抱かれたも同等と、M氏と彼女のU子りんふたりの賛同を無理矢理にも得て、すっかり承認欲求もお腹も満たしたところで、

次行くぞ次ー!

次のお店が早々に閉めておられたので、こちらも念願叶った「shelter」へゆきました。

気がついたら、手に、ずっしりと重い竹の子をわたし抱えていてな。

家に帰って、「明日よろぴく!」って大将にゆってリビングテーブルにドカンと置いたの酔って忘れてた。

 

今朝店来て、えらい大鍋で長時間の炊きものをしているなぁ、なんなんだろう??と思っていたら・・・

f:id:hideyanoblog:20180409154713j:image

大将「あんたが昨日持ってきたたけのこぞね!!」

酔って知らずのうちに両手に抱えてたたけのこがあっという間にこんなことになっていましたww 

原木しいたけと鳥肉とともに炊いております。

米と合って仕方がなかったです、ほんとうに美味しかった・・・。

 

そうそう!!

shelterの前にタケさんから「タケのこ取りに来い!」ってラインが来ていたからサリーズバー行ったのに、サリタケ二人ともどっか飲みに行っちゃって居なくて、タケノコだけ抱えてノコノコと歩いていたら、ちょうどいいタイミングでタケさんの車を駐車場に停めてあるの見つけたから、駐車違反風に寺岡呼人ライブのアンケート用紙を、愉快なおじさんM氏が嬉しそうに挟んでたんだった。。。そうそう。

そのことに、

f:id:hideyanoblog:20180409161211j:image

いまラインで送られてきたこの写真で思い出しましたwww

なぜサン〇員くんが書いた風やねんww

 

律儀にもサンシャ〇ン本部の現住所が書かれていたので、ご本人の許可も得ていないので、モザイクはわたくしの配慮です。

 

 ←ポチッ!

ライブ自体は初のバンド形式で音も素晴らしくて最高だったんだけど・・・その感想が後回しかーい!(笑)また高知でやってくださ~い♪呼人最高~♥

わたしの好きな本 

 

ラブという薬

ラブという薬

 

 好きな著者ができたら、その人が影響を受けた本を探す旅がはじまる。

著者の言葉に感銘を受けたら、その著者自身が感動し影響を受けたその体験を追いかけてみる。

 

高校生の頃に友達から教えてもらって大きな影響を受けた本に、ここで再び戻ってくることになろうとは。

 

キッチン (新潮文庫)

キッチン (新潮文庫)

 

 二十歳の頃に一度ばなな離れを敢行してから数十年ぶりに読んだ。

あの頃とは全く違う読み取り方ができていることに驚きだった。

というか、あの頃は、なにかものすごいことが書かれていることには違いないが、よく分からない、けどすごく惹きつけられて仕方がない、という感じで読んでいたと思う。

今は、意味もすべてが身体で分かるようになってる。

まさか、あの頃は何となく文章を目で追っていたものが、こんなにもひとつひとつの言葉にいまの自分にとって意味があって、必要があるということに、なんだかまた感動して。

 

ばなな離れを一度決めて、でも、結局はずっと帰りたかった。

 

ステロイドの注射を打てば、何もせずに炎症が治まって楽になるので、すぐに皮膚科に飛んでっていたのだけど、その副作用の噂があまりにも恐ろしいので、最近では少々値段の張る手首まで長さがあり、かついい生地なので通気性が半端なく、朝まで外さずに快適に睡眠ができるという魔法のような手袋を購入して以来、かきむしることなく手荒れが治ってきた、という最近最も嬉しかった出来事のような。

つまりは、あまりにも強烈に効く世界感に、影響を受けきってしまっては今はいけない気がする!という直感に従い二十歳でばなな離れを決行、しかし、いまでは、ある程度はじぶんのこともわかるようには多少だがなってはきたので、地に足がついたいまならば、ばななも恐るるべからず!

……じぶんのことはじぶんで面倒をみれるようにある程度はなってきたことって、これ大人じゃん?という喜びのエピソードたちで双方の例えを……ややこしいか!

やっぱり、たくさんの人に読み続けられている本って、存在することの意味があるのだから、通り過ぎずに、事あるごとに栄養にしていくことって大切だなぁ。

今度の再読で最もこころに来たのは、猛勉強の独学の末に料理家の先生の助手として独立したみかげが、同じ助手として働く二人の良家のお嬢様たちの姿を、彼女たちは幸せの域を出ないように親御さんたちに教えられてる、という、もっと感動的にこのところは描かれているんだけども、みかげとの対照的な存在として。

なんかダントツでそこでした。

ふたりは地獄の釜をそれぞれが一人で覗いてる、とか。

こう書くとまったく分からないと思うけど、これ、恋人同士とこれからなりそうな二人の姿を描いてるシーンなんだよ、

それがいい感動の場面なんだよなぁ、小説って、不思議、伝わらない(笑)

 

 ←ポチッ!

 

ラブという薬

 

ラブという薬

ラブという薬

 

 わたしのサンクチュアリ金高堂をいつものようにぶらついていたら、平積みされていたこの本の表紙が何気なく目についた。(じき聖地は7月にopenするすぐ側の図書館にも移ることだろう。カフェと図書が併設されるだなんて、天国は死なずともこの世にあった)

精神科医星野概念の対談本。

精神科の先生が携わるものとしては、この本のもつイメージはあまりにもポップで可愛い。

精神科の先生とお話する、という言葉の響きに、ぎくりとする。

どんなに重い話が綴られているんだろうと身構えてページをめくるけど、めくるたびに、自分のそんな概念が覆されてゆく。

もっと生活に身近に、ラフにカウンセリングというものと考えてもいいんだよと2人は会話を通して語りかけてくれる。

人は生活のなかで、自分勝手に思考の糸を絡ませ、窮屈に解けなくしてしまう。

二度と戻すことはできないと思い込んでるその糸は、ちゃんと解いてゆくことができる。

 会話をすることによって。

 

「曖昧さや不安定さに向き合う仕事を愛す」。

星野概念先生のそのモットーが、いまはもっともこころに響く言葉なのだ。

 

この本の何に惹かれるのかって、先生たちの語り口がきっと文系だから。

大多数の政治や社会を救おうとする言葉よりも、そこからこぼれ落ちる少数の人たちへ向けられた言葉の方がいい。

それが文学の力。

学校の教室で、落ち着きがないこどもに与えられる病名がある、けれどそれも、もし江戸の時代であれば、ちょっと変わり者の天才だと言われる人間であったことも、現代では学校という制度があるからそんな病名を付けられてしまう、けれど、だからといって学校制度をやめろというわけにもいかない、そんな時代だからこそ、いま必要なもの。

そういえば日常的にわたしたちは生活のうちにプロのお仕事にたくさん助けられてる、お腹がすいたときに行く外食のお店さんも、髪型だってプロにすべて丸投げ、お化粧だって大丸にいるプロのお姉さんにご指南いただいてる、じぶんのものでも美容のことはすべて人任せ。

じぶんのことなのになぜか何にもできないじぶんのこころのことだって、楽になる仕方をプロに教わるほうがいいのかもしれないと自然に思えるようになった。じぶんの身体のことなのにどうにもできないから治療をしにいく整体みたいに。

 

 

この本に惹かれる理由その2。

思えばイラストが星野源と同じやん。

 

 

 

 ←ポチッ!

 

リフレッシュ!

f:id:hideyanoblog:20180402164313j:image

西川花祭り

香南市は季節ごとに楽しめる場所がたくさんありますね!

春はこうしてお花見ができたり、夏には紫陽花街道!

あれは素晴らしかったなぁ。

 

先週、三月末で年度末ということもあってか、今になって思うとドタバタと精神的にもパンパンになっていたようで。

今週から一気に落ち着きそうな雰囲気がでてきていて、気分が妙に楽で。

いかに先週が凄かった数日だったか。

追い込まれていたのか知らず知らずのうちに、現に昨日あたりからのSMS系への投稿の数が頻繁なのよ、きっと何かが解放されているのよ、知らず知らずのうちに(笑)余裕が心に生まれて発散しまくっているんだわ!(…いまのこのブログ更新も然り!)

週ごとページの予約帳の、今週から多い余白に心も落ち着く、先週はそれと真逆の色をしていることをご想像ください、その予定がずっと控えているという現実の前に、気を張って過ごしている数日というものが、こんなにも精神的に違うものなのかと思い知らされる。

恐るべし年度末。

が、しかし、気を緩めてはいけない。

あっという間にGWだ。

再び似たような数日が続くのよっ。

なにが辛いって、そういう期間なのに、そういう期間だからこそ、アルバイトたちも用事で居なくなるっていう現実だな、ガハハハハハハ(笑)

とうことでただいま求人募集中です、詳細はアルパに載ってます(泪)(・・・いや、多分今年は居てくれるとは思うんだけど・・・笑トホホ)

 

思いのほか昨日のお花見が心に癒しを与えてくだすったようで、さらには人生初体験のイベントも舞い降りてきたんだな!

f:id:hideyanoblog:20180402164248j:image

初の野球観戦!&ナイター&ビールを飲みながら!!!

f:id:hideyanoblog:20180402164253j:image

高知ファインティングドッグスvsソフトバンクの開幕戦の応援です!

f:id:hideyanoblog:20180402164302j:image

呼んでくだすったサリーさんタケさん!貴重な機会をありがとう!

一応ファインティングドッグスの公式応援ソング歌ってる人たちなので、今日はなんかお仕事あるのかな、と思っていたらただサリーさん、ただビールを飲んでるだけでした(笑)

サリーさんが手に持ってるパコパコ鳴るやつ(名前なんだっけ)を買ってもらって、わたくしもパコパコ応援しました!

横に並んでおられますフラチナリズムさんは今日の試合では国歌斉唱をなさりますぞ!

…そう、何よりも試合に対するフラチナリズムのボーカルモリフミさんのヤジやツッコミが楽しかった。

さすがエンターティナー(笑)

駒田監督とえもやんを目の前にすごーい!ってキャーキャーしてる絵面も個人的には凄かったし、ジャアバーボンズの前座ライブで一番盛り上がっていたのもこの人です。

f:id:hideyanoblog:20180402164257j:image

憧れの風船飛ばしも出来た・・・。

これは楽しかった。。。

この瞬間インスタにも動画上げちゃいました。

写真はタケさん撮影。

f:id:hideyanoblog:20180402164304j:image

風船を飛ばすのは七回表だ!つってんのに、配られた瞬間の五回から膨らましだして、割っては膨らまし割っては膨らましして周りに迷惑をかけていたのはあの人です、お巡りさん(笑)

バックネット裏席で選手と距離近いつってんのに、汚い罵倒を直に浴びせかけていた奴らは、だいたいこの辺に写ってる人間です。

あ!モグさんは関係ございませんよ、知り合いと思われたら大変!

 試合は0対0で九回残塁で試合終了!

最後はハラハラの展開でなかなか見せてくれました!

なかなか、始終爆笑の野球観戦、試合の内容よりも客席のキャラが濃すぎてそちらに楽しい記憶が偏ってます(笑)新しい出会いも様々あったり!

仲間でわいわいがやがや。

これが野球観戦か・・・いい体験ができました!

また行きます!

 

 ←ポチッ!

英屋バカラーメン。

f:id:hideyanoblog:20180316165904j:plain

余り物。

悲しきかな、売れ残りからは永遠に逃れられぬこの商売。

英屋さんちでは、そんな素材たちと相性の良いインスタントラーメンを探し出し、それと組み合わせるという遊びに余年がありません。

最近また新たなる三作品が生まれました、そのご紹介の前に、過去数々行ってきた英屋が誇るバカラーメンたちをご覧下さい。

どんなことしたっけなと思って過去記事探ってたら、出るわ出るわ(笑)

↑あれは、ガザミと大あさりが余った日でしょうね、自分たちのやることだから、多分塩系で試したものと思われます、サッポロ一番でしょう、相性はもちろんばっちぐーです、魚介には北海道の塩がマストです。

f:id:hideyanoblog:20180316165545j:plain

ほんとうにバカですね(笑)

忘れもしません、高知県産、鰹人間インスタントラーメン発売を勝手に記念した、鰹のたたきラーメンです。鰹はスマガツオを使用しました。

チャルメラ系醤油スープと、味の濃いスマとの相性は以外に良かったものの、いかんせんパンチの強めのかつお系、スマちゃん。少し臭味が起こったのを覚えています。

あまり記憶がないのもそのためか。

そんなことよりこの作品のすごいところは、その写真をプロのカメラマンに撮影してもらっているところです。

しばらくは英屋Facebookのトップページにもなっていました。

f:id:hideyanoblog:20180316165818j:plain

これもガザミ×塩ですね。

これでお分かりいただけるかとも思いますが、ガザミはほんとうにしょっちゅう余ります。なんでだろうか(笑)

昨年だったかな、サッポロ一番塩ラーメンの夏限定の冷製インスタントが発売されたときにも、ガザミでコラボしました。

あれはさっぱり冷たくてうまかった。オヌヌメ!!

f:id:hideyanoblog:20180316165612j:plain

高知県名物、ツガニが余ったときのものですね。

ベースのラーメンはなんだったろう。

スープが独特の色してるなぁ。其の辺のインスタントじゃなかったかもしれない。

北海道物産展で買って来た系の珍しいのでやったかもしれない。

f:id:hideyanoblog:20180316165637j:plain

わお。

バカじゃないですか。

土佐の超高級食材のエガニでこんなことをしています。

よくよく見れば、側にはこちらも高知の冬の名物の地がきがぶち込まれておりますね!推定金額二千円はいきますぞっ。

これが不味いわけがないでしょう。

 

さぁ。

旬の素材とインスタントラーメンとの究極の組み合わせを追求して止まない英屋さんの情熱は2018年に入っても衰えるどころか、どんどんエスカレート化しております。

最新三部作をどうぞご覧あれ!

f:id:hideyanoblog:20180316165216j:image

これおとついくらいにしたやつです。

北海道物産展今まさに開催していますね、早速馳せ参じまして、このツルツル細麺が絶品のインスタントを今年もまたしこたま買い込みました。

こちらはそんな絶品の味噌ラーメンに、あの高知県民食としてメディアでも話題になった、豚太郎の味噌カツラーメン風を醸してみました。

後ろにある豚の足は、大将が見つけてきた博多の豚足。

茹でるだけでトロトロで絶品だったので、ふと、これ、ラーメンに入れたら、いけるんじゃね?と魔が差しまして、試してみたものでした。

正解、大正解。

豚足がこの絶品の味噌スープと相性バッチシ!

てか、北海道のインスタントのレベルってほんとうにすごくて、これでお店出せると思えるくらい、まさに豚太郎で食べてるあの味噌ラーメンの味がして、大好きです。

でも、未だにわたしは、このみんなが喜んで食べてるけども、トンカツを、味噌ラーメンに載せるのは、なんか、嫌であります(笑)

は、反論どうぞ。わたしは別で食べたいの…。

 

f:id:hideyanoblog:20180316165224j:image

ほたての酒蒸し。

450円でやってたしばらく人気のあった一品。

そちらを、北海道物産展の塩とんこつで試したものです。

わたくし、これがもっとも、大好きでありました。

ベースのラーメンの美味さたるや、北海道産はとんこつまでもがこのクオリティかと。

そこに北海道のほたてのダシが加わりますと、旨味の広がりどえらいことに・・・。

 

最期は。

f:id:hideyanoblog:20180316165247j:image

二郎系です(笑)

なんか豚バラ炊いてるなぁ、今日は角煮でも作るのかなっと思いきや、まかないでこんなになってでてきて引っくり返りました。

英屋初の二郎系です。にんにくもたっぷり野菜ももっさり。

実は二郎系でお腹を壊したことのある家族。

ナイーブな胃腸に合わせて油分抑え目の超軟弱マイルドな味に仕上げました。

この世のすべての二郎系がこのように上品であればいいのになぁ・・・と思った次第。

30代過ぎるとめげます、あのビジュアルは。

 ←ポチッ!

「スルメイカのラー油煮」。

↑というネーミングでは、なかなか注文が出づらいらしい。

イメージがしにくいのか、お客様には分かりにくいかも。

 

これから春に向けて旬になる小イカちゃん

スルメイカの小イカを丸ごとラー油で炒めたのがほんとうにオススメ!

小さいから目も嘴も丸ごと、イカ墨も、味噌も、ゲソも何もかも、イカ全体の旨味がラー油の中にすべて入っていて、ほんとうに超絶美味しいんです。

が、超絶美味しいくせに見た目が死ぬほど悪い。

一応ここに載せようと思って写真をいくつか撮ったんだけど、のきなみグロテスク。

飲食店がしているお料理ブログにグロイ写真を載せるなんてもってのほか。

味がせっかくいいのに、ここにのせた写真のせいで、イメージが落ちるといけません。

なので、ここは、みなさまの想像力に頼りますっ。

想像してご覧~♪イマージーンオールザ~ピーポー♪

イカが丸ごとスプラッタになって内蔵も身もラー油の中でごった煮にされているざまをー♪~♪

 

 

 

あー!!ダメだー!文字で起こしても不味そうーー!!

料理名↑もイメージしずらいし、注文取れないし、美味しいのに何もかもが報われねーーー。

よし。

はったりかまして無理やり売ってやる。

題名をイマジネーション豊かな感じにして、えーやだぁーなにそれーってなりそうな名前に変えて売ってやる。

 

☆春が旬!「小イカ(スルメイカ)の中華風アヒージョ」

 

f:id:hideyanoblog:20180227170823j:image

 

間違ってないんですよ、ラー油がオリーブオイルだったらばアヒージョだもんよ。

やってることはおんなじなので、全く問題ない、完全無欠の中華風のアヒージョですぅー。

よぉーし。なんか売れる気しかしなくなってきた。

よし!

今日も頑張ろう!

 

 ←ポチッ!

わたしの今年のバレンタイン。

先日いつものように、仕込みの買い出し途中に両手荷物でスターバックスに寄り、ブレンドのM(未だにスタバのサイズの呼び名が慣れない)をテイクアウトしていたら、お店のお姉さまに「もうすぐバレンタインですねー」と話しかけられた。

明らかに私は彼女にとって初めてのお客さんだったと思うので、それにも関わらずその自然な親しさに、季節ごとに変化するマニュアルの臨機応変さに関心しつつも内心は、「だから、どうしたんだ」という言葉しか思い浮かばず、動揺していた。

「あぁ、そう言えばそうでしたねー」と営業スマイルでこちらも反したら、「今年は誰かに贈られるんですか?」って。

ここは世界最先端を行く「御洒落モデルの場」的店、彼女のその振る舞いが様に、女として充実している我がライフスタイルを持って会話をせしめねば!!!と、妙な意地から意気込むものの、・・・・・・なぁんも、無い。

NYスタイルの世界最先端をゆく御洒落なこの場に相応しいバレンタインにまつわる煌びやか、かつ、心をときめかす甘い女子話なんて、微塵も私の中には存在していないことに気づかされて、心がちくちくと痛んだ。

けれども、わたしは、わたしなりにもあったのだ、心ときめくバレンタインにまつわることが。

みんなが大好き「ブラックサンダー」が公式に義理チョコ認定されたらしい、それを男が男に渡すという「ホモチョコ」なる文化がある由聞いてそれって良いなwwwって爆笑したこと。

バレンタインと聞いて思い浮かんだことがそれだけだったので、相手が相手ならその話をするのだけれど、ここで彼女にするのには、あまりにも場違いというものだ、ましてやここは世界お洒落最先端地の鋳型。

ここが高知といえども油断してはならない、常に国際感覚を身に着けている風でいなければ、地元であろうが、田舎のギャグなど通じないかもしれない。世の中は世知辛い

 

とぼとぼと紙袋を下げて店に帰る。その姿はもはや白旗を挙げた敗者が如く。

 

……いや。

あんたには負けたかもしれないけど、わたしは、わたしなりの生き方がある。

もはやあのええチョコを殿方に贈るという世界からはほど遠い場所まで来てしまった。あなたも抱くその世間一般の幻想世界とは少し違う形の、わたしなりのバレンタインがあるのよ。

・・・という次第で、バレンタインのときに、こうして、

f:id:hideyanoblog:20180217162903j:plain

ホモチョコ」をしこたま買い込んで置いておいたというわけです。

わたしは世の女どもが男に良く思われようとしてデパートで買う不味いくせにくそ高いブランドもんのチョコではなく、「味」を重視する。そして話題性もある上に、国民的人気もある。

良く思われたがりの女は、ブランドチョコをチョイスすることにより実は本気っぽいかも感で男を惑わそうとするが、こちらは正真正銘の「義理」である、竹を割るが如き潔さに、この方が逆に惚れられるかもしれない。

わたしなりの等身大のバレンタインができそうで、にこにこして労働にいそしむ。帰りがけのお客様に手渡しするのだ、バレンタインですから☆ニコ!って。

ほら!わたしにも贈る相手がいるじゃないか、それも沢山!

それは、いつもお世話になっている、お・客・様・た・ち。

どや!NYで生活してたってこんなこと思いも浮かばんやろ!

御洒落の形からは大きく外れているかもしれないが、こういうのって、心の充実さを重視するんでしょ?じゃあ上等じゃんか。

 

ホモチョコ」を勢いで置いたその日は、あの龍馬マラソンの前日だった。

 

県外から来られてるランナーさん達が鰹のたたき目がけてたくさん来られていた。

明日のフルマラソンに備えて早々に引く一群のランナー女子たちが、その「栄養補給剤」に目をつけたのは言うまでもない。

無料で、あのみんなが大好き国民的お菓子をくれるというのだ、お店の人もどうぞと言うのだ、許可はある。

自由に、自由な数を持って帰るさ……。

……なぜ、なぜわたしは、人に贈るはずだったものを、「ご自由にお取りくださいコーナー」に置きっぱなしにしていたんだろうか、そしてこの世には男以外の性別がいたことにも気が回らなかったのだろうか。

ただの「高級ご自由にお取りください」コーナーと化した場所から男性用義理チョコたちが、店が開いてから一瞬で、男性たちよりも先に帰られた女性陣の手により持ち去られ、消えてしまっていたのでした。

 

スタバのお姉さま、これが、わたくしからの返事です。

「女性にただブラックサンダーを自腹であげた」それがわたしのバレンタインです。

 

まぁ、同性に義理チョコを贈ったということなので、やっぱ結局「ホモチョコ」ネタが好き!!で終わったのか……。

 

 

 

知り合いに英屋ロゴを作ってもらいました!近日中にはこのロゴが肩に入った、従業員専用の英屋オリジナルTシャツが出来上がる予定なのです!