英屋のブログ

もはや店の宣伝などはそっちのけ。

竜雲。

 

f:id:hideyanoblog:20170723140154j:image

さぬきの白みそにおネギが散らされた暖かい濃厚つゆに浸して食べる「竜雲」のさぬきうどん。

「担々つけ麺」が有名なこのお店。

一度目に食べた「担々つけ麺」がとても美味しかったので、こんどは違うメニューを注文してみました。

このつゆが文句なしにおいしいの!

ここにね、温泉卵を入れるのです、旨味より増し。

ここの麺はそれ自体にすごく味があるので、わたくし、そのまま何もつけずに食べたりもします。(さぬきうどんは湯がいて水でしめたらそのまま食べることもあります。そのほうが麺自体の風味が味わえる、しっかりと味がついてるから醤油も不要なの。高知の丸うどんじゃ想像もつかないね)

そんなに硬くなく、そしてすっごくつるつるで、のど越しのすごく気持ちの良い麺です。

温玉の旨味の詰まったおつゆは最後に、ごはんにかけて食べるのです。

ばかもん、けしからん、まっことうまい。

 

中華そばもなぜか名物で、これも試してみましたが、こちらものど越し抜群なつるつるの細麺も味がしっかりとしており、おだしもさっぱりあっさり、THE☆中華そば感満点で安定的かつ安心の味で大満足です。

冷やし中華そばなる夏の新メニューが登場しておって、今、すごく気になる存在。

f:id:hideyanoblog:20170723140206j:image

「竜雲」はお寺の境内にあります。

うどんを食べて満足したら、運動がてらに上まで登ってみるのです。

惹かれる雰囲気が漂う。

蝉の合唱と空を飛ぶ鳶の声に包まれる夏のお寺。

f:id:hideyanoblog:20170723140250j:image

f:id:hideyanoblog:20170723140136j:image

長い階段の先はひっそりとしていて、人気がない。木々がうっそうとしているばかりで、近寄ってくる蚊が気になって仕方がない。(しかし大丈夫。なぜかわたしは蚊に噛まれない体質なのである。エヘン これなんででしょうね。みんな襲われて騒いでるのに己のみ無事で傍観、という場面も多々。あのときだけはちょっと寂しくなる。)

質素なお堂の中に、こんなに立派な来迎図がしまわれているのです。

暗闇にじっと目をこらしていると、闇の中からうっすらと金色の彫刻が浮かんできます。目が闇に慣れるにつれて、次第に広がり見えてくる、壁一面の大きさの来迎図に、最初は驚かされました。

また見たいなぁと思っていたの。

f:id:hideyanoblog:20170723140303j:imagef:id:hideyanoblog:20170723140309j:image

tabelog.com

ここ、ほんとうに、オヌヌメスポット。

夏夏夏。

こんどのスィートコーンは徳島県産。そろそろ高知はとうもろこしも旬は終わり頃だとか。これから産地はだんだん北上してゆくそうです。

f:id:hideyanoblog:20170721165340j:image

 

f:id:hideyanoblog:20170721165344j:image

最近あんまりにも夏らしいので、カルピスのジェラートをつくりました。

ヨーグルトと佐川のぢちち(地乳)を合わせたクリーミーでさっぱりとしたジェラートです。

いつか夏になったら作ってやろうと思って温めておいたレシピです。

温めているうちに忘れて冷めるものですが、あんまりにも気候が熱くなってきたので、さすがに思い出すに至りました、よかった。

夏になると求めてしまう味ってありますね。

ま、単に食欲が減退し、揖保の糸しか喉を通る気がしないだけとかの理由もありますが。それでうちは昨日に久方ぶりのお素麺でした。あぁ、夏が来たなぁ、と思いましたね。

夏の白い太陽の光にかき消されてしまいそうな真昼、ヒーヒー言いながらなぜかジブリ映画の場面場面が思い浮かび、口ずさむは隣のトトロ。

とうもろこしを茹でながらメイちゃんが迷子になった夏の田舎の風景が蘇ったり(メイちゃん時代の昭和三十年代のとうもろこしとは物が違うんだぜ、今はスィートコーンと言って糖度もあってそれはそれは美味いんだ。ま、昔の人から言わせりゃ今の野菜はなんでもかんでも甘くしやがってというご意見もございますが)カルピスを入れてくれた着物姿の母がぼくと節子を呼んだあの日のほたるの光が脳内を駆け巡ったり、あぁ、夏休みになったら本20冊読むんだ!と、15歳の甘酢っぱい初恋に思いを馳せたり、なぜか夏の思い出となると、ジブリ映画の脳内上映が始まってしまう、そんな朦朧とした厨房の灼熱に仕込み時間。(厨房って暑いんです)

~夏の思い出のような甘酸っぱいジェラート~ってパクリ先のレシピに書いてたけど、著者の先生~ぃ、なんか意味深~ん。

 

f:id:hideyanoblog:20170721165347j:image佐川町のお豆腐屋さんの奴豆腐。

「はちきん豆腐」が毎週火曜日に入荷しております。

噂を聞いて入手したところ、その大豆の濃厚さ、おいしさにびっくり、そのままメニュー入りしました。

写真は木綿ですが、絹ごしの奴豆腐(450円)をおすすめしています。

佐川町の食材は美味しいものぞろいですね。牛乳にいちごに、今は昔きゅうりといって、高知県に昔からあった在来のきゅうりも、佐川町産のを仕入れています。

辛子肉味噌モロキュー350円で大活躍中です。

f:id:hideyanoblog:20170721165356j:image

メジカも毎日入っておりますよ~。780円

大人な。

古典。

それは、いつか人が帰るべきところ。

男どもの古典がロッキーやジャッキーやブルース・リーならばっと、考えて、10代のころにドハマりしてた、これがわたしの古典かな。(女子にも異論があるとは思うが)

女子のあこがれ、花の都巴里のイメージを根底から覆すガールズムービー。

 

アメリ [Blu-ray]

アメリ [Blu-ray]

 

 

 夢見がちなセブンティーンのころにハマってたの。

元々監督はホラー映画撮ってた人で、この映画のイメージポスターもどこかホラーぽいし、それ、確か「エイリアン」じゃなかったけか。

そんなおっさんが描いた、日本よ、これが、パリっ子だ。

 

当時目にした実際の巴里の街は、いかにおらが国のインフラや街並みにこまめに人の手が加えられ、整えられていたのかが身に染みて思うほど、なんか、いろいろが雑多にみえた。

これは日本が災害が多い土地柄だからなのは間違いなくて、春夏秋冬、洪水、積雪、火山、地震で破壊され、ときどき津波に全部流されたりしながら、年中、休むまもなく直し直ししながら、人がやっと生きてるのに比べりゃ、あっちって、たぶんだけど、ほぼ、放ったらかし。

そんな将来遺跡となるまで残り続ける石の街に、色んな人種たちが流れてきて混在して住んでる、だから道路にゴミが溢れようと、みんな人ごとのようにしている風にみえて、そんなパリの街は、石造りで建物はきれいだけど、その周りの環境は、どうかな、きれいかな。

なんか野ざらしという言葉がぴったりだと、今、思った。

そこがちょっと不衛生に思えたけど、渋いとも思えた、逆にこれが大人なのかも、と思った。(よくわからんが)

 

 そんな背伸びしても手の届かないような未知的、あ(↑)こがれの街に住んでる、アメリが、10代目線には何もかもがお洒落にみえた、無性に可愛かった。 

いい感じで本格的に日常性のある、パリの人間模様、みんなちょっと変で、といっても、何がまともでそことどこまで外れてるから変人となるかなんて基準も危うい、この世界感。

いやなやつにも、ほんとうに変なやつにも、変人じゃないけどちょっとだけ変な方向にこだわりが強すぎてたり、そんな登場人物たちに対する、ユーモアな肯定感が心地よい。

 

アメリ

アメリ

 

 あぁ、これも好きすぎて大事に持ってたなぁ。

 

労働者がデモ中の、中身ほぼシャッター街と化してすっかり廃れきってるショッピングモールで自由時間の買い物を楽しんだり(楽しめるか!買うもん何にもなかったわ!)、巴里の街並みをバスから眺めていたら、ところどころにいくつもある大行列が目について、それが職安に詰めかける人たちだったと知ったときは、なんか何とも言えなかった。

世界で一番閑散としているといわれているユーロディズニーも、お噂通りで。

(スプラッシュマウンテン、スペースなんちゃら、何回も連続乗りした)。

 

これはヨーロッパはこどもをこどもたらしむ教育をする国柄ではなく、人間を一刻も早く大人に仕立てたいという価値観が強いため、幼き人間を夢の国に迷い込ませるような愚行を嫌う、とか、なんかの本で読んだっけ。

 

 

実際に舞台となったアメリが働くカフェへも念願叶って行けたけど、映画の中のこぎれいさなど皆無で、ものすごい汚い店だった。

映画ってかなり、いらないところ隠れてるんだと、しんみり思った。

カフェがこ綺麗お(↑)しゃれな場所という固定概念が未だ根強い高知の田舎者、今思えば、向こうのカフェって日本で言うところの居酒屋的な場所なのかも、とすれば、じゃああの店って高知の葉牡丹だったのかも、使い込み感は似たようなものだったかと。

 まぁ、見ると聞くとは大違いとはこのことかと、あまりにもかけ離れているパリの現実の洗礼を受けたセブンティーン。日本の宣伝って。

 

この映画は、そんな普通じゃねぇ現実に、おしゃれに、可笑しく、パリっ子らしく処してくアメリの姿がなんかかわいらしくて、あこがれてたんだなぁ。

 きれいごとじゃおさまらねぇ無秩序な世の中を、こういう風に渡るのって、すてきかもって!(まじかよ)

 

 

 

\((T-T))/

 

ロッキー (字幕版)

ロッキー (字幕版)

 

 なんか、YouTube動画で、映画ファン達が集ってスタローン愛を語るってのを聴いていて、ラジオ番組なんだけど、視聴者からあなたの好きなスタローン作品は何か総選挙して、一位はランボーで二位はロッキーという結果、もちろん、そうよね!と、コメンテーターたち、日本中の映画マニアたちと一体と化した感動に、ひとりで仕込みの厨房で浸っていたわけですが、やっぱり、この二作だよね~。

「この作品を観ずして映画を語ることなかれ」

と、父から比較的はやくから映画の古典を教えられたことが、和洋、時代も問わず、幅広く映画を観れるきっかけになったわけです。「ゴッドファーザー」とか。

ほんとうに、これらを知らずにただ映画を観ていたという自分が恥ずかしい!

ランボーは、泣いたなぁ。最後こどものように泣きじゃくる姿が悲しかったなぁ。

あれでしょ、あの映画観て日本の男のこどもたちはサバイバルナイフに興味を持つことになるんでしょ。ヌンチャクレベルのアレでしょ。

ロッキーって、一作目、わたしずっと勘違いしてたんです。

ロッキーが勝って話が終わってたものと思い込んでた。

そのラジオ番組でマニアどもが語っていてそうかと膝打った。

 

あれは、やると決めた時点で勝ってる映画なんだよ。

 

勝つのは2で。

その2のカタルシスは、この1のもつ力があるこそ、得られる大感動があるわけで。

1は売れてない時代のスタローンが背水の陣で作った作品、俳優生命ももう終わり!でも最後に立ち上がりたい!という必死の念が込められている魂の映画、だから観ている方も皆共鳴しちゃうんだ。

映像のB級感が妙にいいし、映画の中なのにこちら側の身の丈っぽいのは、作者自身のそのときの姿そのまんまなんだろう。

やる!っと決めることって、自分に叱咤することで、「気づくこと」ってほんとうに大事なことだなぁっていつも思ってることなんだけど、どこかでちゃんとダメな自分に気づいて、やらなきゃ!って今の壁乗り越えることって、すごく勇気もいるし、努力もいるし、恐怖との戦いだし。

でもそれがなかったら、惚れた最高の女もロッキーは得られなかったわけで。

ああああ、震えてきた、ロッキーのテーマソングがいま頭の中を鳴り響いてて、両手を上げてr(あああ乗ってきたのに予約の電話が鳴った)ランニングをしている、エイドリアンが笑顔でロッキーに抱きついて一緒に泣いてエンディングーーーあー、五時半!営業はじまります!!

 

来世の夢はバレリーナ。

f:id:hideyanoblog:20170713163909j:image

広島の生岩がき、今日もたくさん入荷しております。

須崎からは、朝どれの、スマガツオの新子(シロス)ちゃんも入ってきております。

f:id:hideyanoblog:20170713163914j:image

水うにタソも北海道から入りました。

f:id:hideyanoblog:20170713163846j:plain

7月18日から当店発売開始します。

昨年好評だった高知づくりの一番搾り

全国トップのアルコール度数(6.5%)で、県外の人も、県民も度肝を抜かされましたね(笑)

各県様々の味を飲み比べしましたが、味は抜群に、こちらが美味いと思いました!・・・ガツンと酔うがな。

 

f:id:hideyanoblog:20170713163923j:image

昨夜はバレエダンサーの福田圭吾さん(白いTシャツのお方)がいらしてくれておりました。ググってみたらびっくり、ひらがなでお名前を入力したらぱっとお名前が現れました。新国立劇場バレエ団ファーストソリスト

高知中須賀にあるRSバレエにて9月11日の発表会にてゲスト出演されるそうで、度々レッスンの為に来高されているそうなのです。

ぴしっとしていらしてて、やはり佇まいが違いまする~。

 

わたくし、母の影響で、一時期は猛烈におバレエの世界にどっぷりハマっておりまして、立脇バレエ観に行っていたし、すごいプロのダンサーのも観に行った。

死ぬほど憧れる存在なんです、バレエの人ってっ。

だから、聞こえてくる会話に耳ダンボで、ビール運びながらずっとキュンキュンしてて、話しかけてみたらすごい方がいらっしゃってて、舞い上がってしまいました。

 お話できてほんとうに良かった、感激です。。。

 

わたくし、ぜったい生まれ変わったらバレリーナになる所存。

現世ではすでに無理だから、だから、次の世に行けるなら、ぜったいそうするってもう決めたある!だからわたしは必死にこうして善行に尽力している…のかは、さておき、とにかく、あ(↑)こがれる存在!

バレリーナって、わたし、女の中の頂点だと思うの、もうキラキラしていて眩しくて仕方がないの!!

ひれ伏すっ、問答無用でわたしはひれ伏す、彼女たちには。

  

SWAN 白鳥 愛蔵版 1

SWAN 白鳥 愛蔵版 1

 

ということで本日のオヌヌメ!

何度も読み返した、死ぬほど焦がれた漫画。

あぁ、あこがれのプリマドンナ、眩しい、眩しすぎるーーー。

わたしも選ばれてモスクワにバレエ留学に行きたかったーー。

次、次に頑張るから、わたし!

 

↑ ポチ 共感できるならばっ。

女子ならば一度はこの世界に憧れます・・・

好きな音楽。

 

おかげさまで、ブログランキング高知県で36位、四国で50位まで上がることができております。

いろいろご指南いただいてるブロガーのパイセン、池田様、ほんとうにありがとうございます(笑)

ブログ移行により生じたと思しきエラーが解決しきれていない問題が、なにぶん、ネット関係には疎いものでまんまとり残されておりますが、ま、いつか、なんとなく直るだろうと、のんびりと思っております。

・・・ダメかっ。なんでタイトルがランキングに表示されないんだろう~。だって分から~ん!

 

最近わたしって音楽は何を聴いているだろうかと考えていて、なんか、10代の頃のように、ひとつのアーティストに熱くなる、ということが今はそういえば、なくなっちゃってるなぁと思った。

良いなぁと思うことはあっても、こちらからは迎えに行かない。

熱い鉄板には触らない。

触れたら最後、火傷しちゃうから。

火傷って痛いから、あまり無暗に怪我はしたくないからさ。

だから今は、なんにも新しいものを更新していない。

 

時々ふと思いついて、昔負った怪我の思い出に触れにいくことがある。

あの頃の自分にとって、あの火傷になんの意味があったんだろうかと。

 

 

 今聴いてもなお、心のときめきが変わらない。

 わしゃ未だに焦がれとるがな。

 

・・・動画サイト・・・夜中に酒に酔うとぜったい開いちゃう、ちまちま貯めたマイリスト、やばいですね、いいからはよ寝ろっていう。

 

高校のときにいつも一緒にいた友達がすごく音楽好きの子達ばかりで、大人びたものばかり聞いてるすごく大人びた子たちで(そんな風に見えてた、いまでもそう見えてる)、音楽に鈍臭いわたしも、そこからは結構影響も受けていて、お互いが好きなアーティストの話ばっかりして毎日明け暮れていた気がする。

イヤホンで好きな音楽を聴きながら、朝もやの景色を眺めて学校に通った、学校が終わって人影のまばらな寂しいワンマン電車に乗って、ぽつぽつと家の光が流れる夜の暗闇を眺めてた。

なんか宇多田ヒカルくるりだったんだなぁ。

 宇多田ヒカルの音楽は、どの自分の人生の、どこの場所にもあるんだよね。

友達たちとべらぼうに語らいあったよ、これきっと、女子ならではの話だね。

  

電車の(高知は汽車)車窓の流れていく景色って、なんか寂しくなる、あっという間に飛ばしてしまう、人の気配がする街並み。

 

分かってくれてるのはこの音楽だけだって、かたくなまで信じ切ってた、あの頃を思い出すよ。

 

 

からくり屋さんへ!

f:id:hideyanoblog:20170711171837j:imagef:id:hideyanoblog:20170711171904j:imagef:id:hideyanoblog:20170711171849j:image

 

万々にすてきな骨董品屋さんがあります。

このお店のことは、高知県人なのに、愛宕町に住んでいるのに、出雲の人に教えてもらいました(笑)

 

その方、高知に来たら、必ずここに寄るんですよ。

値段も良心的につけてくれるし、何よりも必ずいいものが見つかると、絶対の信頼を寄せておられます。

 

そのお話を聞いて、わたしたちもさっそくお店を訪ねました、掘り出し物がわんさか見つかり、いまもウキウキでその皿を店で使っております。(大将とお気に入りなのでひとつのテーブルに同じ皿がかぶるということもしばしばです(笑))

 

季節が変わってから、先週の日曜日に久しぶりにお店を訪ねました。

夏の冷酒のちょこなどが欲しかったのです。

でも、ちょうどいいサイズと感じの醤油入れが見つかったので、今回はそちらをゲットしました。

以前ここで購入した青の丸皿に合う醤油入れが欲しかったんです。

合うのがやっぱりあった!

期待を裏切らない、いい出会いのあるお店です。

店主が不在だったのは県外に仕入れに行っていたから、今度の戦利品をばまた見に行かねば!!

代わりに店番をされてた奥様とわんちゃん、ありがとうございました!

番犬のお勤めもご苦労様!(笑)

 

f:id:hideyanoblog:20170711171857j:image

メジカが入りました。ソウダガツオの稚魚のメジカ。

秋が旬のお魚ですが、一足早く(過ぎる?(笑))の入荷です♫

新子(稚魚)刺身は太平洋が近い土佐ならではの文化です。

こちらも今が旬のブシュカン(酢蜜柑)をたくさんしぼって食べるのが美味しいお刺身です。

みんなに自慢したい土佐の逸品!

本日最初の入荷になりました。おすすめ!

 

ブログランキング↑徐々に上がりつつあり嬉しいです。

久しぶりに100位抜けれて嬉しい限りです(笑)

ポチお願いします♫