英屋のブログ

英屋へようこそ!

事実は小説より奇なり。

 

 三十路も脂が乗り始めた(気がしている)昨今、経験値もだいぶ溜まったのか、観る映画にも偏りが見え始めた。

いろいろ劇場に足を運ぶなかに、どうしても、これは…と疲労の溜まるものがむかしよりも増えてきたのはどうしたことか。

結果として鑑賞後の感想は良いんだけども、仕方がないとはいえ、明らかに説明のために作られた(関係性を丁寧に描くとか)場面を我慢しなければならないのがもうしんどい。

そういう場面の多い映画は大衆受けする話題作とは言えど、もう、ちょっとめんどくさい…というネガティブな感想以外湧かなくなる。

いろいろ話題作は観てみるんだけど、これは俺の為に作られた映画だ!!っと思えるようなものは繰り返し繰り返し飽きずに観られるのに、そんなものは、もう一回観てみよう、という気には到底ならない。

そんななか、最近になりまた新しくというか、わたしはわたしなりに、どの作品も好き、実にしっくりくる、というような映画監督を得るに至ったのである。

その名は、クリントイーストウッドタソ。

この監督自身も映画の撮り方の簡略化がウリ(?)らしく、ライティングも自然光。演技も一発撮りがほとんどで、アメリカンスナイパーに至っては、主人公の生まれたての子どもさえお人形さんを使うという始末!(Netflixにあるから観てみて!微動だにしないよ!それでもあんな心動かす名作を汚さないから不思議…。)

そう、細けぇことはいいんだよ!

こんどの「運び屋」も、最初はこんな大人の映画に耐えうるのか…と心配だったものの、「パリ行き〜」で培った、この感動は事実の事件を半ばドキュメントタッチで撮ったからこそあるものなんだ、という、本気で震えた経験を信じて行ってみたらば、正解、実に良かったという。

肩の力を抜いて観られた、ほんと笑った。(予告編の趣が違いすぎる、意外にコメディだった…笑)

なんかあまりにもナチュラルに物語のなかに入り込めるから、リラックスが過ぎちゃって、(靴ももう抜いじゃってるし)家で観てる感が半端なくて、途中で一時停止してトイレ行きそうになったもんね。

そーんな感じで、最近師匠の羽根の下で新しい価値観を得ながら世の中を眺めているうち、だんだんと、映画も「真実味」の迫るものを好むようになってきたのだ。

派手な虚構よりも、現実を。

その現実感は、登場人物ひとりひとりの行動から、こちら側の感情に訴えてくるもの、過去に経験のある心の巡りだとか。

そういうものを師匠は丁寧に掬い上げているから、どーしてこんなに人の気持ちがわかるのか?!と、(ミスティックリバー鑑賞後)尊敬の念にかられていたら、どうやら師匠は瞑想をしていることで有名らしいね。そんなすげーならやってみようかな…。

 

てな感じで、映画鑑賞の世界観が、派手な味つけから地味なものへと、広がりつつある矢先に、この映画と出逢い、ガツンとやられたのでありました。

 

むかしむかし、おバレエ好きの母の影響で、真面目に鑑賞していた(当社比!比較的!)時代もあり、あのときあった舞台で踊るダンサーたちへの熱い憧憬が久々に沸き起こり、そんな感情もなんだか懐かしかった。

絶対的にたどり着けないものへの、否応無しに惹かれる思い。この世に生まれ落ち、虚しくも年月はすでに過ぎ去っており、もはや衰えた状態に完成されたこの肉体ではときすでに遅しの世界。彼らバレリーナたちは幼少期より過酷な環境に身を置き、その道一筋に身体を作り上げてきているわけで、股割りひとつも当然できません身にとって彼らは、光眩しい存在。

ましてやセルゲイポルーニンの生きるウクライナという地は、我が国では計り知れぬほど、そこに住む人間に課されるもの、生き延びることへのストイックさ、ハングリーさは、生半可なレベルではないはずだから、血を流さずに踊っているとは思えないわけで。

その顔立ちの耽美さと美し過ぎる肉体が観ているものを魅了させる舞台の光の世界とは裏腹のように、セルゲイの心に迫り来る過去の生い立ち。

幼少期に一際輝いて魅せた彼の才能を、一流の環境に置くには、家族の離散が必然だった、どうしても必要なものは費用だったから、みんな出稼ぎに世界へ散った。

必死の家族の支援のおかげで彼はあっという間に一目置く才能を開かせ始めた、けれど、それに伴い家族は壊れる。両親の離婚。みんなが幸せになるためにしていたことだったはずなのに、彼が望んだものは失われてしまった、家族のために踊った彼は失意に陥り、意欲を失っていった。

現在の彼が母と対面する場面。

ウクライナうらびれた街並み、線路沿いに佇むふたりの姿が、ドキュメンタリーのはずなのに、何か名作のワンシーンを観るように、映画のようで美しかった。

母と息子の会話は、どこか暗くて、息子は母は僕の人生を利用したと、言葉ではきつく語った。母は息子の前で涙を流した。

 

終盤に流れる踊りはYouTubeで世界中に公開され、話題にもなってたらしい。

どうやったら空中で重力をまるで無視したあんな動きができるんだ…さすがコサックの末裔…(?)と唖然としながらも、惚れ惚れとする。 

 

ラストに両親を招くのは初めての再起の舞台で3人で並んで撮った写真は、過去の子どもの頃の古いビデオ映像と重ねられ、どちらも変わらない溢れるような笑顔で写っていて、それは見ているだけで泣けてくる。

 これがただのドキュメンタリーでなくなっているのは、彼があまりにも魅力で溢れているから、踊る姿がそこにあるだけで感動が生まれる。

Netflixに颯爽と現れ、わたくしが秒で視聴したのは、折しも出来立てホヤホヤだった帯屋町キネマMにて上映されたときに、観てきた人のため息交じりの賞賛の声を聞いていたからだった。

彼の踊り、美しさは肉体も共々、スクリーンで観るべき映画だったといまさらながら遅い後悔をしてる。

 

あ、派手な虚飾よりも、とのたまったくせに、「アベンジャーズ」シリーズだけは、はなしは別でお願いします。

 

ことしのバレンタイン戦。

 

f:id:hideyanoblog:20190206153350j:image

なぜこの逆輸入版の方が種類も豊富でいて、かつ、本家よりも美味いのか。

f:id:hideyanoblog:20190206153354j:plain

美味しいんです・・・。

(あ、気づきましたかね、後ろにお蕎麦が写っていますね、お察しの通り、昨日のまかないはまさかのダブル麺でしたね。)

f:id:hideyanoblog:20190206163629j:image

(大将が某店が提供していらっさる蕎麦の新しい食べ方に感激し、さっそく朴李。)

f:id:hideyanoblog:20190206163635j:image

(冷たい蕎麦だしに、そこにこれでもかと花山椒を浴びせかけ、仕上げに麻婆風味の四川系スパイスを鬼のようにまぶしたものを、卵黄でマイルドに食べる食べ方。これにハマってるんですよー!オヌヌメ!・・・前回記事でお語り申した通り、一流には学ぶべきでございますからね。朴李は学びの一歩!もとい、料理のレシピは人類の財産でございまして、皆で共有すべきものとの考えであります!キリッ)

 

(本題に戻ります。)

麺もじゃっかんこちらの方がライトに感じます、スープも本家よりあっさりとしており、味の深みも複雑さも、断然こちらのほうがクオリティは高いと思われました。

いや、本家を低くゆってるのではないですよ、あの味で育ってますし、大好きな味です、が、あの一本調子なインスタント味に比べて、なぜかこちらの香港バージョンの方がよりこう大人な味わいだなという。

f:id:hideyanoblog:20190206153358j:image

美味しいのよ。。。

なんと、麺がこちらは幾分細めに仕立てられております。細麺好きにはたまらないご配慮。麺をすすったときに香る八角の風味、牛肉スープも上品でございます。

あらま。

なして日本では売らないのでしょうかね、こんなに美味しいのにー!

 

女の身に生まれながら、無の境地で過ごすには大変いたたまれる、魔のバレンタイン期間。心踊り準備にワクワクするような感覚を失って以来、大丸地下の小袋をさっと殿方に渡せるさりげない女性たちの姿を見ては、あ、ダメだわたし・・・と落ち込む。

機会を機会と捉えることができないこの才能に惚れ惚れしつつ、少しでも自尊心を取り戻そうと思って、去年はブラックサンダーを大量に買い込んで、お店のレジ横に山盛り置いてみました、

まぁ、みごとにというか、ときは龍馬マラソンで盛り上がる時期でございまして、ランナーの女性陣に栄養補給源としてお持ち帰りいただいたという結果に終わったわけで、

絞り出してきたわたしの女子力なぞ所詮はこの程度だったかと、僅かながらに盛り返してきそうだった自尊心もすっかり枯渇し切った、そんな2018年のバレンタインでした。

そういう経緯もありましたから、今年は・・・

f:id:hideyanoblog:20190206153408j:plain

バッチリっ・・・!

見てくださいよ、わざわざ帯屋町のお洒落系ペーパー屋さんまで足を運んで700円もするときめくハート色の小箱を買ってきてねー、わざわざ「バレンタインです。」と書かなきゃ謎のコーナーになってしまいそうな、チョイスはブルボンですよ。もちろん、ブラックサンダー一個の価格に比べ、ひとりがいくら大量に持ち帰ろうとも補充に心苦しくないからという理由もあります、バレンタインにおかしいだろ!という批判はお控えください、エース〇ンさんがバレンタインのチョコレートコーナーの棚に(厳密には通りを挟んでその横にだけど)これでもかと陳列されてるんだもの、バレンタイン用に販売してるのに決まってら!

さあ!2019年バージョンは、去年の失敗点をみごとに活かした出来になってございます。

今年こそは無事に女子力を振りまけそうなので、清々しく二月を過ごすことができそうで安心しています。♥♥♥

 

またの出逢い。

f:id:hideyanoblog:20190204155229j:image

……はい!もう、見ての通りです。

この一枚は非常に、貴重極まりなく有り得ない光景が写っていますからね。

もう、無駄に言葉を要したくない 笑 

考えないで、感じて、ブルースリーの言葉の如くに、と。

とは言えブログとは言葉の場所でありまして、「記事を書く」ところなのでありますから、言葉を労せねばなりませんね。

まあその~、昨日我が身に起こったこと、ということなのですが、

f:id:hideyanoblog:20190204155233j:image

これですよ。

昨日節分の日にわしは豆を撒くどころか、恵方巻きには目もくれずに、フレンチレストランでほんとうのキャビアと、フォアグラと、トリュフを食べてしまいましたとさ。

(いまこの行↑書いてる途中で動悸が激しくなった)

なにしちゃったんだろう、わたし昨日なにしちゃったってんだろう。

高校生の修学旅行でパリに行った時は何食べてもこの世のものとは思えぬほど不味くて、てか「フランス料理」屋にはパリ滞在中には行ってないから、「フレンチ」には触れてないわけで、触れたのはホテルのモーニングのバイキング(これって日本語か、ビュッフェか)で食べたクロワッサンくらいのもので、これは確かに人生で食べた中でこれを越えたことは今もないというくらい美味しかったけども、でも、日本でもパリと同じようにイタリアンもアメリカン(?)もあるのに、日本の調味料と風土にまかれりゃそこそこ口に入れることはできるというのに、パリでお見舞いされたあの数々の食事たちの酷さったら、あれから十年以上経ってもまだしつこく、しつっこく、ネタに出来てるレベルだのに、ほんとうに日本の食文化の豊かさには惚れ惚れする…。

…話がだいぶ脇道に逸れましたが、だから、昨日とうとうほんとうを味わってしまったということです。

料理に携わる仕事をしていながら、まだこの三大珍味の未経験者だったことはやはり、だめだと思っておりました。

読書もそうですが、料理も、「一流」を知れと、大将より常々教えられてきました、西洋、和食の一流料理人たちの残してきた仕事の数々、それを真似て学ぶことの大切さをです。

昨日とうとう、思わぬ約束から発展して、

f:id:hideyanoblog:20190204155339j:image

まさかこんなことになるなどは思ってみなかったわけで。

人生どこで何が起きるか分からぬものですね 笑

ほら見てよあれ→トリュフスライス、分厚いの、トリュフの仕入れが難しくて、いつものよりいいやつしかなかったんだって!オーマイゴッド。あるある、そういうこと!ないわー!

 

普段めんどくさがりやのぼーっとしいに、こんな経験を突然頂いたM氏、ほんとうにありがとうございました!外食はいつも行くところにしか行かないから、お勉強が常々足りないのでする。

にしても、少々お安くしてもらっているのではないかしらと、思われる。

リーズナブルが看板のフレンチとお聞きしました、この最高の経験、ほんとうに貴重な思い出になります。

〒780-0870 高知県高知市本町2丁目5−12 Le Bistro TASHIMA

 

f:id:hideyanoblog:20190204161005j:image

集合時間前は大体本屋で時間を潰す。

初見のときは、ぷぷ!って笑って、誰が読むんだろうこんな分厚い本ぷぷー!ってぺらぺらめくってもまた元に戻して通り過ごして来たのに、昨日またいつものようにぺらぺらめくってたら急にゴットンって音がして何かの歯車が突然噛み合って。

誰が買うんだろうーぷぷぷって、やっぱ結局自分だったんだ。あるよね、そういうこと。あるある!

「読書日記」なんだけど、個人経営日記でもあって、年も一つしか変わらない慶応大卒の男の文章。

久々に好きなジャンルの読書の日々が始まりそうでわくわくしてる。

懐かしいなぁ、十年くらい前に「桜庭一樹の読書日記」にもハマッて、昔全買いして繰り返し読んでたの。

著者の読んでる本をまた買い足したりしてどんどん読書の幅が無限に広がってくこの楽しみは何ものにも変えられない、そのとき出会った本も今も大切に手元に残ってたりする、この正月のこんまりメソッドによる”トキメキ”断捨離決行の折に、こんまり曰く「役目を終えたものが必ずあるはずです」と、とうとう「桜庭一樹」は手放してしまったけど。

 

さあ、次は、どんな出逢いが待っているだろう!

 

…この鈍器片手にレストランまで歩くの結構重かったのよ、嬉しかったけどさ。