英屋のブログ

英屋へようこそ!

癒し。

沁みる…。

臨床心理学に興味を持つようになって(きっかけ本 「ラブという薬 」著者 いとうせいこう 星野概念 名著!)河合隼雄 を読み始めてからまたよしもとばなな のもとに帰って来た。
「アムリタ」は河合隼雄先生が生前、カウンセラーに推薦していた小説だったと知って(きっかけ本 「なるほどの対話」名著!!)即刻本屋へ走ったら、もはや古すぎるのか、なかったから、急遽Kindleで。
朝支度をしながら、休憩中に、お客さんが来るのを待つ合間に、読み進めた。
この物語はほんにんがほんとうにしんどかったときに書いたものだそうで、だからなのかな、染み入るのは。読んで言葉に無駄が無いと(勝手に)感じるのは、作者の辛さが直に伝わるからなのかも。そういう物語が、癒しになるというのはなんだか不思議なことで、主人公に起きたひどいことも解決もされずに話は終わるのに、そういうものだよな、というところに、浄化されたりする。
臨床心理学の大家が、人の心と向き合う仕事において物語の力を必要としていたということに、無性にこころ惹かれるものがあった。
そんな人が生前に逢いたかったという村上春樹 の対談本(名名著!!!)に影響されてようやくこの人の書くものが理解できるようになり 笑 、ハナレイベイ (読まな損)像の消失 、品川猿 、色彩をもたない多崎つくると彼の巡礼の年 (30代ならなお読むべし!)、眠り (これもほんにんが疲れきっていたときに自分を癒すべく書いたものだという、大好き!)などと出逢い、孤独と喪失感と焦燥感と寂寥感に向き合う力をくれた、こう言葉に書くとすごいけど、わたしはだいじょうぶです 笑

そういう「どうしようもなさ」にいまはものすごくぐっときて止まない日々 、また趣味の傾向がずいぶんとひとより変わってきた気がするけれど、そのきっと星野概念先生著曰くの「傾聴」という作用が、このふたりの書くものにはあるのではないかと思うの。

人の言葉を、耳を傾けて聴く。

ふたりの書くものは、読み手のこころの声を聴いているかのようなんだな、
日常のなかでうまれるこころの怪我。
いつのまにか誰かを傷つけてしまっていたりとか、人からしたら超絶くだらないに決まってることとかで死ぬほど悩んでいたり、時間は流れるから、取り返しのつかなくなった「どうしようもない」できごとに疲れてきたりだとか、なんかそういうことを丁寧に書いてくれてるから、そうそう!って、話を聞いてもらっているみたいになるのかも。

自分を癒すために書いてきた作家。いましばらくはそんなふたりの小説を読んでいる。

書くことが癒しになる。
確かに、なるんだよな。
そう、こんなささやかなことが、癒しになってる。

年の瀬メランコリア

雰囲気的に年末の気分になってきましたぞ。。。

この前ふと口からでた、今年会うのが最後のお客様への別れの挨拶に「良いお年を!」。

なんの心構えもできていないのにあと二ヶ月に迫るとかいう今年の終わり。

恐ろしや、本人はそんなつもりがないというのに、12月の忘年会予約抑えが連日続くと、もう、気持ちはあの師走を迎え撃つ心構えになってしまっております。

だから、気持ちだけでも、先に、先に。

あわあわと波にのまれないよう、冷静になって、激しすぎるときの流れに負けないこころの準備を、少しづつはじめるのです。

合戦前の侍たちが、夜な夜な鎧を磨き、シャー…シャー…と、刀を研ぐ前夜、今はまさに、あんな心境ぞ。

ですから、昨日日本郵便さんからの英屋さんの年始のご挨拶と名前が入った年賀状がさっそく届きやがって心底ビビったときも、そんなこころを瞬時に沈め冷静に意気込みました、

日本人のこころを乱すやから(クリスマス)どもの日までには、わたしは、投函してみせる、否!!11月中までには宛名を書き終えてみせるっ。ザマミロ年末!と。

この様にして毎年毎年、一ヶ月強も続く激動期が終わりをむかえる七草がゆの日を超えてはじめて訪れる平穏、いわゆる、本当の平日、その日が終わるまで気は抜けません。

 

かの敬愛する星野源氏がゆっておられました。

これから待ち受けるしんどいことに頭を悩ませるときには、それが終わった時のことを考えて暮らせばいい。

それが終わり、安心してこころを軽く過ごしている、そんなじぶんを想像すればいいんだ、だって、それはほんとうに起こりうる、必ず先に待っている裏切らない未来なんだから。

さすが変態は良いことを云う!と膝を叩いた名言です。

わたしも頭を悩ませる行事ごとがあるときは、それが終わってストレスから解放されている未来の自分を想像して生きてみるのです。

 

いまからでも、だから、言葉だけは明るくいきたい。 

 

「あけましておめでとうございましたね!(松の内終了ーフー!!)」。

いわゆる三十路もの。

 

 ・・・二十代では味わえなかった人生の旨みを知る年頃になれたということでしょうか。

 映画批評家がラジオ番組でオヌヌメしているのを聴いてから気になっていたアメリカドラマをただいまアマゾンプライムで鑑賞中。

24とヒーローズで死ぬほどしんどい目にあったトラウマから、海外ドラマ離れも甚だしかったけれど、久しぶりに気が向いてちょろちょろ観るように。

こちらはヒューマンドラマものだから、ジャックのクソキム(バカ娘)みたいなトラブルメーカが無駄に居る心配がなくて、ほっとして観られます。

「36歳」という年齢を生きる登場人物たちの人生。

現在36歳の双子主人公と、その親が「36歳だったとき」が物語のなかで交差する。

過去と現在が交差してゆくなかで、みんな同じ苦悩を抱えて生きていたんだということがみえてくる、題名の「これはわたしたち」が意味するところを、ある意味ドラマ全体のテーマを、双子の兄ちゃんが姪っ子たち(血は繋がらないんだけど)に語る場面は素晴らしい。

父ちゃんが、子供だったときと36歳のときと、自分が36歳のいまと、ってみーんなの人生が横並びで語られる、そうして時代が変わっても変わらないものを教えてくれる、ほんとうに素晴らしいドラマです。

 

これを観てると、あの数年後に36歳を迎えることとなる身にとってしてみれば、なにが将来起こるのだろうかと、残り数年が楽しみに思えるような、不安になるような、などともやもやしていたら、偶然手に取るものがその手のものばかりということに気づく。

 

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 (文春文庫)
 

 確かこれも偶然にも36歳がテーマの話だった。

大学生時代に友人たちから受けたトラウマを解消していくという物語。

意味が分からないと思い込んでいたこの作家のものが今頃になってだいぶ理解ができるようになって、これ今までで一番良かったかも!と思って、これは今後も数回は確実に読み返すことになる小説だろうなと珍しく感じた一冊。

この人の書くものはある意味カウンセリングの力があるかもしれないな。

物語の解決を意味のあるものと思って読む読み方じゃ、理解はできなかったと思う。

この人は人生に起きるどうにもならないもの、いわゆる不条理とかをぽんと書いてく人だと思うので(んで結構それをそのままにして置いてく人。でもそれって私たち日常的にみんなが経験していることだから)、そしてそれが、いいなぁと思える歳に、わたしもなったということか、大人になったなぁ、と自画自賛

 

・・・恐るべし36歳。あと4年後にわたしも何かしらの帰路に立つことになるのかしらと戦々恐々と過ごしていたら、最もいま恐ろしい作品に出逢ってしまったではないか。

 

エスター (字幕版)

エスター (字幕版)

 

 ※即効でネタバレします。

 

 

 三人目の子を流産で亡くした痛みの癒えない主人公は、夫とともに訪ねた孤児院で、一目で二人が気に入った女の子「エスター」を新しい家族として迎えいれることに。

絵がうまく賢い一面もみせるエスターだが、徐々に表れる彼女の本性に主人公一家は翻弄される。

 

 

 

 

実はこどもではなく、途中で成長の止まった、33歳の女だった。ズゴー 笑

 

そんな女が起こす奇行の顛末映画、・・・って書くとコメディー映画なのにそうならないのは、エスタさんがうまいこと精神異常者だからです。

ホルモンの異常で身体の成長が小学生のままで止まってしまい、成長の過程で女として得られなかったその屈辱を晴らすに生きる姿を描いたヒューマン・・・いや、ホラー映画。

最後の方は、主人公の子役がほんとうに33歳の女にみえてたから、ほんとうに凄い・・・。物語中時折見せる顔が三十路女にしかみえないときもあるから、あれ?これ映像合成でもしてんのかなぁって思ってた(ネタバレしてみてたので)マジこんな女いるっ・・・ってぞっとした。

 

エスタさん精神異常者として化物として描いてたからいいけど、これもっともっと磨きかけたら、すっごくおもしろいキャラクターになれるに違いない!と違う方向で面白がってるのはわたしだけでしょうか?笑

 一番怖いのは女なのかも・・・。

33は一年後・・・

 

なにかほかにもオススメの三十路もの映画&ドラマがあれば教えてください 笑