英屋のブログ

英屋へようこそ!

ことしのバレンタイン戦。

 

f:id:hideyanoblog:20190206153350j:image

なぜこの逆輸入版の方が種類も豊富でいて、かつ、本家よりも美味いのか。

f:id:hideyanoblog:20190206153354j:plain

美味しいんです・・・。

(あ、気づきましたかね、後ろにお蕎麦が写っていますね、お察しの通り、昨日のまかないはまさかのダブル麺でしたね。)

f:id:hideyanoblog:20190206163629j:image

(大将が某店が提供していらっさる蕎麦の新しい食べ方に感激し、さっそく朴李。)

f:id:hideyanoblog:20190206163635j:image

(冷たい蕎麦だしに、そこにこれでもかと花山椒を浴びせかけ、仕上げに麻婆風味の四川系スパイスを鬼のようにまぶしたものを、卵黄でマイルドに食べる食べ方。これにハマってるんですよー!オヌヌメ!・・・前回記事でお語り申した通り、一流には学ぶべきでございますからね。朴李は学びの一歩!もとい、料理のレシピは人類の財産でございまして、皆で共有すべきものとの考えであります!キリッ)

 

(本題に戻ります。)

麺もじゃっかんこちらの方がライトに感じます、スープも本家よりあっさりとしており、味の深みも複雑さも、断然こちらのほうがクオリティは高いと思われました。

いや、本家を低くゆってるのではないですよ、あの味で育ってますし、大好きな味です、が、あの一本調子なインスタント味に比べて、なぜかこちらの香港バージョンの方がよりこう大人な味わいだなという。

f:id:hideyanoblog:20190206153358j:image

美味しいのよ。。。

なんと、麺がこちらは幾分細めに仕立てられております。細麺好きにはたまらないご配慮。麺をすすったときに香る八角の風味、牛肉スープも上品でございます。

あらま。

なして日本では売らないのでしょうかね、こんなに美味しいのにー!

 

女の身に生まれながら、無の境地で過ごすには大変いたたまれる、魔のバレンタイン期間。心踊り準備にワクワクするような感覚を失って以来、大丸地下の小袋をさっと殿方に渡せるさりげない女性たちの姿を見ては、あ、ダメだわたし・・・と落ち込む。

機会を機会と捉えることができないこの才能に惚れ惚れしつつ、少しでも自尊心を取り戻そうと思って、去年はブラックサンダーを大量に買い込んで、お店のレジ横に山盛り置いてみました、

まぁ、みごとにというか、ときは龍馬マラソンで盛り上がる時期でございまして、ランナーの女性陣に栄養補給源としてお持ち帰りいただいたという結果に終わったわけで、

絞り出してきたわたしの女子力なぞ所詮はこの程度だったかと、僅かながらに盛り返してきそうだった自尊心もすっかり枯渇し切った、そんな2018年のバレンタインでした。

そういう経緯もありましたから、今年は・・・

f:id:hideyanoblog:20190206153408j:plain

バッチリっ・・・!

見てくださいよ、わざわざ帯屋町のお洒落系ペーパー屋さんまで足を運んで700円もするときめくハート色の小箱を買ってきてねー、わざわざ「バレンタインです。」と書かなきゃ謎のコーナーになってしまいそうな、チョイスはブルボンですよ。もちろん、ブラックサンダー一個の価格に比べ、ひとりがいくら大量に持ち帰ろうとも補充に心苦しくないからという理由もあります、バレンタインにおかしいだろ!という批判はお控えください、エース〇ンさんがバレンタインのチョコレートコーナーの棚に(厳密には通りを挟んでその横にだけど)これでもかと陳列されてるんだもの、バレンタイン用に販売してるのに決まってら!

さあ!2019年バージョンは、去年の失敗点をみごとに活かした出来になってございます。

今年こそは無事に女子力を振りまけそうなので、清々しく二月を過ごすことができそうで安心しています。♥♥♥

 

またの出逢い。

f:id:hideyanoblog:20190204155229j:image

……はい!もう、見ての通りです。

この一枚は非常に、貴重極まりなく有り得ない光景が写っていますからね。

もう、無駄に言葉を要したくない 笑 

考えないで、感じて、ブルースリーの言葉の如くに、と。

とは言えブログとは言葉の場所でありまして、「記事を書く」ところなのでありますから、言葉を労せねばなりませんね。

まあその~、昨日我が身に起こったこと、ということなのですが、

f:id:hideyanoblog:20190204155233j:image

これですよ。

昨日節分の日にわしは豆を撒くどころか、恵方巻きには目もくれずに、フレンチレストランでほんとうのキャビアと、フォアグラと、トリュフを食べてしまいましたとさ。

(いまこの行↑書いてる途中で動悸が激しくなった)

なにしちゃったんだろう、わたし昨日なにしちゃったってんだろう。

高校生の修学旅行でパリに行った時は何食べてもこの世のものとは思えぬほど不味くて、てか「フランス料理」屋にはパリ滞在中には行ってないから、「フレンチ」には触れてないわけで、触れたのはホテルのモーニングのバイキング(これって日本語か、ビュッフェか)で食べたクロワッサンくらいのもので、これは確かに人生で食べた中でこれを越えたことは今もないというくらい美味しかったけども、でも、日本でもパリと同じようにイタリアンもアメリカン(?)もあるのに、日本の調味料と風土にまかれりゃそこそこ口に入れることはできるというのに、パリでお見舞いされたあの数々の食事たちの酷さったら、あれから十年以上経ってもまだしつこく、しつっこく、ネタに出来てるレベルだのに、ほんとうに日本の食文化の豊かさには惚れ惚れする…。

…話がだいぶ脇道に逸れましたが、だから、昨日とうとうほんとうを味わってしまったということです。

料理に携わる仕事をしていながら、まだこの三大珍味の未経験者だったことはやはり、だめだと思っておりました。

読書もそうですが、料理も、「一流」を知れと、大将より常々教えられてきました、西洋、和食の一流料理人たちの残してきた仕事の数々、それを真似て学ぶことの大切さをです。

昨日とうとう、思わぬ約束から発展して、

f:id:hideyanoblog:20190204155339j:image

まさかこんなことになるなどは思ってみなかったわけで。

人生どこで何が起きるか分からぬものですね 笑

ほら見てよあれ→トリュフスライス、分厚いの、トリュフの仕入れが難しくて、いつものよりいいやつしかなかったんだって!オーマイゴッド。あるある、そういうこと!ないわー!

 

普段めんどくさがりやのぼーっとしいに、こんな経験を突然頂いたM氏、ほんとうにありがとうございました!外食はいつも行くところにしか行かないから、お勉強が常々足りないのでする。

にしても、少々お安くしてもらっているのではないかしらと、思われる。

リーズナブルが看板のフレンチとお聞きしました、この最高の経験、ほんとうに貴重な思い出になります。

〒780-0870 高知県高知市本町2丁目5−12 Le Bistro TASHIMA

 

f:id:hideyanoblog:20190204161005j:image

集合時間前は大体本屋で時間を潰す。

初見のときは、ぷぷ!って笑って、誰が読むんだろうこんな分厚い本ぷぷー!ってぺらぺらめくってもまた元に戻して通り過ごして来たのに、昨日またいつものようにぺらぺらめくってたら急にゴットンって音がして何かの歯車が突然噛み合って。

誰が買うんだろうーぷぷぷって、やっぱ結局自分だったんだ。あるよね、そういうこと。あるある!

「読書日記」なんだけど、個人経営日記でもあって、年も一つしか変わらない慶応大卒の男の文章。

久々に好きなジャンルの読書の日々が始まりそうでわくわくしてる。

懐かしいなぁ、十年くらい前に「桜庭一樹の読書日記」にもハマッて、昔全買いして繰り返し読んでたの。

著者の読んでる本をまた買い足したりしてどんどん読書の幅が無限に広がってくこの楽しみは何ものにも変えられない、そのとき出会った本も今も大切に手元に残ってたりする、この正月のこんまりメソッドによる”トキメキ”断捨離決行の折に、こんまり曰く「役目を終えたものが必ずあるはずです」と、とうとう「桜庭一樹」は手放してしまったけど。

 

さあ、次は、どんな出逢いが待っているだろう!

 

…この鈍器片手にレストランまで歩くの結構重かったのよ、嬉しかったけどさ。

 

末広がりに!

歌の出だしがしょっぱなから「春に散る花の~」ときてたので、瞬間でろくでもねぇだろうなということは予測できました。

春に散る花の~ときて、なんだったけな、枯れた枝葉に実りだすのは秋だからね!って内容だったような。

わたくしが二日にひいた末吉のおみくじのお話です、その歌の内容には素直に納得。確かに、花は散るものですし、そこにすぐさま実りを望んだところでどうにもなるわけではございません、時の流れというものがありまして、それは秋には必ずありますから、それまで待つべきであります。

他すべてのお教えも待て!そして待て!!の一点張り。

ことしは薫的さんに習って、自然に抗わずに生きていこうかなとぼんやり意気込んだしだいです。

焦らずに。

大丈夫、実りの季節は必ずや迎えるはずですものね。

次の日、その名前がべらぼうかっこよくて前々から行ってみたいと思っていた須崎の鳴無(おとなし)神社でひいたリベンジおみくじでは、みごと大吉さんが出まして。

口上の出だしから勢いが良くて「このみくじをひいたものは天を昇る龍がごとき勢いで・・・」と。どのお教えもオールオッケーイ!!どんどんいっちゃえ!何したって君の思うがままさ!!フー☆なノリの、対して教えもない内容に、あんまこっちのはそんなテンションが上がらなくて、すぐ海に落としました。(ここの神社のみくじは水に溶ける紙使用でして、海に流すのが流儀なのです)

 

ことしの目標は、いうなれば、ジャッジしないこころを身に付ける、ですかね。

絶対こうでなければならない!絶対こうでなければ人に非ず!っていままで自分のなかで勝手にあったルールに流されないこころを身につけたいです。そうすればもっと広く視野がなれそうな気がします。(だからかっこいいけど鳴無さんのいうことは聞けない!わたしは薫的でいく!)

昨日観た「ボヘミアンラプソディ」もいうなればそういうテーマだったのだと思いますし、最近好きな映画の傾向もそんなのが多いかな、気が付けば。

「アンダープレッシャー」のイントロが流れると自然に嬉しくなるし(「アトミックブロンド」は観てる最中は二重スパイものだからストーリーズが絡まりすぎてだからなんだってばよ・・・状態だったのが、最期この曲が流れて終わったときには感動のあまり放心、すべての説明がラストに流れるこの一曲でなされた。)、ラストのライブシーンは一緒にノリたくなるほど、臨場感あふれてて、感動で揺さぶられる!・・・けど映画としてはもう一回観るのか!と言われると、うーん・・・な感想。バンド経験あって、Queenを知る世代の方にとってはもっともっと良い映画なのかな。ってあ、ジャッジしてる!・・・ま、いいのいいの!のんびり行くから!ことしは。

っということで、本日より営業開始です!

でも、明日すぐさま定休日です!フー♪