英屋のブログ

英屋へようこそ!

需要と供給。

f:id:hideyanoblog:20180908164037j:image

須崎の魚屋さんから10本強買った日に払ってる金額が軽く一万を越えててひっくり返った。

むかしは捨ててるような魚だった、笑ってればくれるような魚だった、100円もしなかった。

土佐の夏の終わりに食べられるソウダガツオの新子、お客様からさまざまに聞いた昔語りが嘘のような事態に。

本日売値が1300円をとうとう超えてしまいまして、メニューを書きながらわたくしもあちゃーという思い。

こんな値段で食べるものでもなかったにねぇ~とニヤ笑いをおきゃくさんもしつつも、でもそれでもみんな好きだから、食べるのはやめません、美味い!といいながら、一匹でも二匹でも!

今日も、こんな値段になっても相変わらず買い続けてるのはうちだけだと魚屋さん、バカですねぇ、英屋さんちも・・・(笑) いや、お客さんも!(とばっちり)

f:id:hideyanoblog:20180908165055j:image

 昨日は須崎流の食べ方を見せてもらいました!

だいたい一対一の割合で、ぶしゅかんと醤油をかけて、しばしつばけます。

白~いものが浮き始める頃合が食べごろ!

そしてそののこり汁をご飯に混ぜて食べるのです。コレ最強!!まじやってみるべき。

…いや、みんな知ってるか 笑

f:id:hideyanoblog:20180908164042j:image

地元の湘南へ里帰りをするというアルバイトくんに神奈川っぽいハイソでお洒落なお土産をねだったら、真顔で「鳩サブレっスか?」って返されたから、バーカって真顔で言い返した。これだから身体を動かすことしか脳のない美的感覚ゼロの体育会系はっ。違う!もっと湘南っぽいものがあるだらうー!違うー!タコ丸々一匹プレスしたせんべいとか興味ないわーー!!っと、散々ごねまくって、数日後に手元にきたものがコレ。よしよし、さすが母ちゃんに聞いただけあって見事要望に(そんな難しくないはずやろ・・・)答えてくださってる。

 

[わたしが決める美味しい手土産ランキング]

一位 赤福

二位 博多通りもん

new! 三位 湘南チーズパイ

:

最下位 アメリカのお菓子全部 (ハワイも含む)

 

決定しました。これほんとうに美味しい!

サクサクのチーズパイに粉糖がこれでもかとコーティングされており、香ばしさと甘すぎなさと食感とのバランス感覚が見事な職人技で、一本かじると次から次へと手が止まらなくなります。

これおねだりする価値ありでする!

鳩サブレーなんか見た目で味判断できるからいいよ!これにして!て!

最近は盆&夏祭り&夏休みからの~メジカ祭りな営業の日々を過ごしております、それに加えて秋刀魚さんもすごく今年は良いものだから、売り物が豊富で仕方がない!

そんな期間を助けてくれてるのは、春から増えたアルバイトくんたちのおかげです。

それとみんなが大好きJDのSおりちゃんとね。(ほんまおっさんらJD好きよね・・・最近この子が居なかったのは学業に専念していたからで、別にわたしがわたしの祭の終わりに歯止めをかけていたわけじゃないからね!…最近ちょくちょくまた復帰してくれてますぞ)

しかしそのアルバイトたち男組が揃うとなるとお育ちの良い、比較的お育ちの良い方だと思っていたわたくしも、みんなをおまいら!テメェ!呼ばわりするなどして、男兄弟を抱える姉貴とかになっている気分、そう、どんな女も口が悪くなるアレ。

思えば、一人っ子で兄弟もおらず、近しい親戚も女ばかり、静かなものでしたので、こう、首を比較的本気で閉めたりとかしたことなかったし、全員揃ってまかないを食べさせてる風景とかはさながらジブリアニメ「天空の城ラピュタ」のワンシーンのようで、あぁ、宮崎駿監督はこのような日常のシーンをあそこまでデフォルメしてコミカルに表現して見せたんだ、やはり天才だなぁ、とゆうようなことまで思った次第です。

そんな感じで英屋史上なかった男所帯の和気あいあい感で過ごしている最近です。

このこととJDが消えたことに対して、「お客さまファーストでやれー!」というお客さまからのクレームも一部ございましたが、今は私が楽しければいいと思っていますので、そのご要望にお応えすることは、致しかねますねっ!!!

 

最近ブログ触ってなかったから、近況からはじめるべきかなぁと思ってきょうはこんな感じで。

もちっとちゃんと更新したいけど、いかんせんインスタとストーリーズが楽なもので・・・笑

 ←ポチッ!