英屋のブログ

英屋へようこそ!

わたしの今年のバレンタイン。

先日いつものように、仕込みの買い出し途中に両手荷物でスターバックスに寄り、ブレンドのM(未だにスタバのサイズの呼び名が慣れない)をテイクアウトしていたら、お店のお姉さまに「もうすぐバレンタインですねー」と話しかけられた。

明らかに私は彼女にとって初めてのお客さんだったと思うので、それにも関わらずその自然な親しさに、季節ごとに変化するマニュアルの臨機応変さに関心しつつも内心は、「だから、どうしたんだ」という言葉しか思い浮かばず、動揺していた。

「あぁ、そう言えばそうでしたねー」と営業スマイルでこちらも反したら、「今年は誰かに贈られるんですか?」って。

ここは世界最先端を行く「御洒落モデルの場」的店、彼女のその振る舞いが様に、女として充実している我がライフスタイルを持って会話をせしめねば!!!と、妙な意地から意気込むものの、・・・・・・なぁんも、無い。

NYスタイルの世界最先端をゆく御洒落なこの場に相応しいバレンタインにまつわる煌びやか、かつ、心をときめかす甘い女子話なんて、微塵も私の中には存在していないことに気づかされて、心がちくちくと痛んだ。

けれども、わたしは、わたしなりにもあったのだ、心ときめくバレンタインにまつわることが。

みんなが大好き「ブラックサンダー」が公式に義理チョコ認定されたらしい、それを男が男に渡すという「ホモチョコ」なる文化がある由聞いてそれって良いなwwwって爆笑したこと。

バレンタインと聞いて思い浮かんだことがそれだけだったので、相手が相手ならその話をするのだけれど、ここで彼女にするのには、あまりにも場違いというものだ、ましてやここは世界お洒落最先端地の鋳型。

ここが高知といえども油断してはならない、常に国際感覚を身に着けている風でいなければ、地元であろうが、田舎のギャグなど通じないかもしれない。世の中は世知辛い

 

とぼとぼと紙袋を下げて店に帰る。その姿はもはや白旗を挙げた敗者が如く。

 

……いや。

あんたには負けたかもしれないけど、わたしは、わたしなりの生き方がある。

もはやあのええチョコを殿方に贈るという世界からはほど遠い場所まで来てしまった。あなたも抱くその世間一般の幻想世界とは少し違う形の、わたしなりのバレンタインがあるのよ。

・・・という次第で、バレンタインのときに、こうして、

f:id:hideyanoblog:20180217162903j:plain

ホモチョコ」をしこたま買い込んで置いておいたというわけです。

わたしは世の女どもが男に良く思われようとしてデパートで買う不味いくせにくそ高いブランドもんのチョコではなく、「味」を重視する。そして話題性もある上に、国民的人気もある。

良く思われたがりの女は、ブランドチョコをチョイスすることにより実は本気っぽいかも感で男を惑わそうとするが、こちらは正真正銘の「義理」である、竹を割るが如き潔さに、この方が逆に惚れられるかもしれない。

わたしなりの等身大のバレンタインができそうで、にこにこして労働にいそしむ。帰りがけのお客様に手渡しするのだ、バレンタインですから☆ニコ!って。

ほら!わたしにも贈る相手がいるじゃないか、それも沢山!

それは、いつもお世話になっている、お・客・様・た・ち。

どや!NYで生活してたってこんなこと思いも浮かばんやろ!

御洒落の形からは大きく外れているかもしれないが、こういうのって、心の充実さを重視するんでしょ?じゃあ上等じゃんか。

 

ホモチョコ」を勢いで置いたその日は、あの龍馬マラソンの前日だった。

 

県外から来られてるランナーさん達が鰹のたたき目がけてたくさん来られていた。

明日のフルマラソンに備えて早々に引く一群のランナー女子たちが、その「栄養補給剤」に目をつけたのは言うまでもない。

無料で、あのみんなが大好き国民的お菓子をくれるというのだ、お店の人もどうぞと言うのだ、許可はある。

自由に、自由な数を持って帰るさ……。

……なぜ、なぜわたしは、人に贈るはずだったものを、「ご自由にお取りくださいコーナー」に置きっぱなしにしていたんだろうか、そしてこの世には男以外の性別がいたことにも気が回らなかったのだろうか。

ただの「高級ご自由にお取りください」コーナーと化した場所から男性用義理チョコたちが、店が開いてから一瞬で、男性たちよりも先に帰られた女性陣の手により持ち去られ、消えてしまっていたのでした。

 

スタバのお姉さま、これが、わたくしからの返事です。

「女性にただブラックサンダーを自腹であげた」それがわたしのバレンタインです。

 

まぁ、同性に義理チョコを贈ったということなので、やっぱ結局「ホモチョコ」ネタが好き!!で終わったのか……。

 

 

 

知り合いに英屋ロゴを作ってもらいました!近日中にはこのロゴが肩に入った、従業員専用の英屋オリジナルTシャツが出来上がる予定なのです!