英屋のブログ

英屋参上!!!

英屋二号店計画。

f:id:hideyanoblog:20170927162049j:image

本場讃岐は綾川に坐す「岡製麺所」のお母様が、先日店に来てくださったときに、岡製麺所の麺をお土産にまたたくさんいただいた!なんと、かけのつゆと、ぶっかけの醤油付きっ。

このセットはすごく嬉しいなぁ。

贈り物にいいかもしれない!

毎日のようにまかないで岡製麺所の味を堪能中!

こりゃしばらく讃岐に行かなくても大丈夫、来週の日曜日は久しぶりにうどん巡る~?なんて計画も立ってたんだけど(先週は徳島にたらいうどんを食べに行っていた、ちょっとそのお口直しをしたかった)もういい、英屋さんちにすでに日本で一番の讃岐うどんがあるのだから。

大将のすき焼きで、あの絶品の岡製麺所のオヌヌメメニュー「揚げ肉うどん」を再現。

美味い!!唐辛子も、岡さんのところが推奨しているものを当店でも使用しておりましたので、ほぼほぼいい感じに似た味わいができておりまする。お揚げさん用意できなかったから、天かすでごまかしたけども。

でもこのうどんはちょっと、なかなかよ、岡さんところから麺をもらって、だしはこっちでマスターすれば、大将のこの味付けのすき焼き肉で、英屋さんうどん屋さんできちゃうんじゃないかしらん、英屋二号店はこれで・・・。ヒソヒソ

岡さん、ママさんパパさん!ほんとうにいつもいつもありがとうございます!毎日うどんパーティーしてますー!

 綾川にある岡製麺所のうどんは、ほんとうにオススメですよー!

誰か「ネギ全面」食べて来てー、感想教えてーー。

 

炭水化物メインなのにサブも炭水化物、大量に余った米があったので、炒飯に。

食べてるときにスッと魔が差して、そこにあった炒飯ふりかけをかけて食べてみた。

両方ともが同じ味して、ふりかけの味がカメレオンの様に姿を消した。

恐るべし、現代の調味料を支える科学技術の力。

 

f:id:hideyanoblog:20170927162048j:image

そのたらいうどんを食べて帰ってくる道中に立ち寄った吉野のあのでっかい道の駅で、たまたま出会した阿波踊りのステージを鑑賞したり、買い物したりして、さっき食べたものについて考えるのをやめ、今現在を心から楽しんでいたところで土産物屋でめっけた。ひのきの、なんとブックカバー。

木って、ほんとうに不思議。こんなにも柔らかくなるんだ!段々自分の手にも馴染んでくるし暖かみもあるでしょ、だから、なんだかいいんですこれ。

お値段も2500円とそれなり。

でも袋から開けたときのひのきの香りがすごくよくて、なんだか新鮮で。

これも贈り物に素敵かもなぁ。

一目惚れしたの、なかなかいいよこれ。

吉野川ハイウェイオアシス、なかなか、あそこは遊べますね。

f:id:hideyanoblog:20170927175425j:image

亀治郎とも遊んだ。

f:id:hideyanoblog:20170927180917j:image

吉野川は雄大!

 

人生で初めてライブで観た阿波踊りでした。迫力あって感動。

どうもじもぴーの若ヤンチームぽい面々の連でしたが(やっぱ子沢山)、でもやっぱ良かった。阿波踊りはいい。

いつか本場で阿波踊りを観てみたいという夢がある。

テレビで観てても、この吉野道の駅の「阿波踊りステージ」に貼り付けてある「これが本場の阿波踊り」という写真を観ているだけでも、感動して涙が出てくるのはなぜなのか。

実際に観てきたよという人も、口々に感動しちゃった!と言うし。

一回本場の祭り観たら、きっととりつかれちゃうだろうなぁわたし。

 

たらいうどんは…

 f:id:hideyanoblog:20170927180330j:image

うーん。ゴリのダシ感をもっと期待してるんだけど…

 f:id:hideyanoblog:20170927180342j:image

f:id:hideyanoblog:20170927180413j:image

こういうシチュエーションが、たらいうどんか。

雰囲気を味わうものなのかな。

f:id:hideyanoblog:20170927180658j:image

確かに、お店の雰囲気は超楽しい!

f:id:hideyanoblog:20170927180729j:image

f:id:hideyanoblog:20170927180748j:image

偶然にも、須崎からの団体さんに出会す(笑)