英屋のブログ

もはや店の宣伝などはそっちのけ。

夏を呪ったら詩になりました。

もう、ムリポ

タップ...!!

もう、死ぬっ。

ふらっふらしているの、毎日、この灼熱地獄、もう降参!

完全、関節入ってますから、もうやめて。

タップー。

f:id:hideyanoblog:20170731162711j:plain

揖保の糸しか身体が受け付けません。

大将自家製の甘い干し椎茸をこれでもかとつゆに入れて、ズルズル飲みました。

おいしい・・・。

暑さにこたえた身体に、しいたけの甘みと旨みが、染み渡ります・・・。

はあぁ。いつまで続くのか、この暑さ。

 

夏の子供が羨ましい。

なぜそんなに動けるの。

なぜこの灼熱光線を真頭から浴びても、

それをもろともせぬ笑顔で

どこまでも、どこまでも、駆けて行けるのか。

そのちからはどこからきている?

君らの電池はなんなんだい?

 

毎日つづく消耗戦を

必死で生き延びてる人のことなど気にもとめずに

弾けんばかりの笑顔で、君たちは、

どこまでも駆けていく。

 

今に見ていろ。

八月三十一日なんて、

直ぐに来るからな。

 

いつまでも、

続くと思うな、

夏休み。

 

『夏を呪う大人の詩』

 

f:id:hideyanoblog:20170731162718j:plain

つきだしも、暑い夏に嬉しい涼しげな装い。

卵豆腐とじゅんさいです。

冷たいつゆごと、つるんとのどごしの良いひと品。いいでしょ、これ。

なんだか、久しぶりに卵豆腐を食べました。

卵豆腐が、こんなすてきに洗練された和食のひと品に変わるだなんて、驚きです。

卵豆腐の風味は、じゅんさいとの相性ばつぐんです。

f:id:hideyanoblog:20170731162701j:plain

そんなこんなの今日のオヌヌメメニューもツギハギバッチリです!

メジカを隠してハガツオの新子と、生岩がきをのっけております!

鮎の塩焼きと天ぷらが追加!和牛ステーキの値段のところも、少々へましております!

 

 

ウォーリアー [Blu-ray]

ウォーリアー [Blu-ray]

 

 

「ウォーリアー」

総合格闘技界で本当にあった実話が元になった話。

格闘家の父に子供の頃から格闘を教えられていた兄弟が、大人になって、リングの上で闘う。

男家族にとっての「赦し」がテーマかと。

ラスト。

兄弟対決の、「降参」の手の、その加減だけで、すんごい泣いてしまった。

 

 日本ではなかなか公開されなかったらしい。なんでだろう、こんなに素晴らしいのに。