英屋のブログ

もはや店の宣伝などはそっちのけ。

ツギハギオヌヌメメニュー

f:id:hideyanoblog:20170727164742j:image

これ、今日のおすすめのメニューです。

微妙につぎはぎが見えてますね……。

清水サバの金額。

1100円のサバの刺身をよく昔値段の980円て書いちゃうんですよね、流れで。癖で。

どこかにもうひとつ、380円と間違ってしまって直した680円がありますぞ。どこかな?

f:id:hideyanoblog:20170727164749j:imagef:id:hideyanoblog:20170727164755j:image

高知城歴史資料館の二階にある喫茶店のクオリティが半端ないと、大将が言っておられたゆえ、拙者もさっそく行って参った。

高知城のこの景色、独り占め♥とばかりに画像をば、インスタにアップ。

歴史変われば人の行動も変わりますぞ。

お殿様の居る城の景色をば独り占め♥だなんて、慶応頃の土佐民にもそんな発想を持つ者などおらんだっただらうに。

150年も経てば、城の下でこのお祭り騒ぎ、大政奉還明治維新の節目万歳と、民衆が湧いております。

海外からも豪華客船から降りてきた家族連れの中国人たちがヤイノヤイノと賑やかで。

てか、あの人たちはほんとうに興味あるのかな、日本のこんな片田舎の歴史に。

 

打って変わって喫茶店のなかは人も少なく、こじんまりとした店内では、比較的静かな時間が過ごせました。ここオヌヌメ。

f:id:hideyanoblog:20170727164812j:image

昨日の鰹は、対馬付近を登っているところのものでした。

この脂のり!

久しぶりの霜ふりくんでした。

 

~マジで死ぬかと思った激辛インスタント食品~の第二弾。

f:id:hideyanoblog:20170725170815j:image

以前書いた18禁インスタントカレー(辛すぎて子供厳禁レベル)は最強の辛さ、完食不可でしたが、このカレーに比べると、こちらはまだ味わえる余地があります。

この蒙古タンメンは、数ある激辛系のなかでも、美味さがきちんと感じられ、唐辛子の旨味があるというのかな、これはけっこう好みです。

が、こう、一口目に麺を啜って喉に直撃して咳き込む時点ですげぇなコレとは思いましたが、それからまるでアニメ描写のようにチカチカと赤く口が腫れた感覚が襲うのはご愛嬌だとしても、(これ後から考えてみれば完全に調子に乗る行為)ズルズルと汁を味わっていると、のちに手さえも震えだすという…。

胃が痙攣を起こすというの?これ、このまま続けてたらひょっとしたら危ないのかもしれない、とふと脳裏をよぎるけと、ついつい食べちゃうんですよね、美味しいから。

でも、口に入れる手前で、一旦、スープから麺を上げた箸がぴたりと止まってるんだから、もうこれ危険信号だったんだよね。

心臓もバクバク状態で、なんとか完食。

飲み干せずにたんまりと残った真っ赤なスープを見つめながら「卵とか入れてマイルドにしたら飲めるんじゃないか」とかぼやいていたら、「そこまでしなくていい」と父に止められたので、これくらいにしといてやりました。

美味しいからと、調子に乗ったせいで、ほんとうはこの日のメインのおかずだった「夏野菜と小エビのかき揚げ」の味が、まったく分からなくなってしまって、それはちょっとかなりの後悔ではありましたね。

惜しいことしたな〜と食後、後悔の念に苛まれながら歯を磨きながらもね、歯磨き粉に反応して口が痛むんだわ!

 

あぁ、辛いものは美味しいから、好きなのに、食べたいのに、まだまだ身体が慣れてこない!

頑張ってください、わたしの身体!

チャレンジしてみたい激辛料理は、まだまだこの世にはいっぱいあるのですから!

 

ぜひ!今日のごはんの、このメインのおかずの為に、今日のこの一日という日があったのよ!というときにこそあえてこの蒙古タンメンも一緒に食べて、食卓を台無しにするのが、オススメですっ!!