英屋のブログ

英屋参上!!!

はてなブログから。

f:id:hideyanoblog:20170708153022j:plain

初投稿。写真も載せてただいまテスト中。

常々また新しいブログサイトに移行して、気分替えでもしたいな~と思っていたら、いい感じのところを見つけました。

携帯との連携、SNSとの連携もスムーズにこなせれば、こっちのほうがいいなぁ。

記事を書く場所もすっきりとしていて、シンプルでいい感じ。

アメブロはいらない芸能情報が多すぎて、開くたびにうんざりしていたので。

写真は今店で出している日本海産の生岩牡蠣です。980円なり。

 

f:id:hideyanoblog:20170708153035j:plain

ついでに求人情報も貼り付けます。

ただいま募集中。

今回より時給が、英屋史上最高額に上がっております。

高知県最低賃金県の汚名返上とばかりに。

数年前、八百円代で働いてもらっていた時代が遠い昔のことのようなこの事態(笑)

人手不足はどこもそうのようですね。

 

わたくしTBSのラジオクラウドを朝起きてお化粧しながら聴くのが日課なのですが、平日毎日放送されている「ジェーンスー生活は踊る」という番組に、とあるコーナーがありまして、東京の純喫茶店を巡るという内容の。

そういえばわたしが、震災の起こった年の五月に人生で二回目の東京へ行ったとき、羽田から真っ先にあこがれの古本の町神保町へゆき、そのとき大好きだった小説家が書いていた話の舞台の町を味わうべく、町で名物の純喫茶店へウキウキで友達と行ったら、NHKの「小さな旅」という番組の撮影中で、非常に紳士な店主と思しきおじいさまが、せっかくいらしてくれたのに申し訳ないと、お詫びにと、とても美味しいコーヒーをサービスしてくださり、撮影隊が陣取るいつもと違うお店の雰囲気に、こういうこともあるんだね~と友達とワイワイ喜んでいたら、NHKの人に突然話しかけられ、自分の好きな本を買ってきてくれないか、そしてちょっとでいいから、カメラの前でアナウンサーとしゃべってくれないか、と出演をお願いをされ、そのまま「いつもこの町で、この喫茶店で古本とともに過ごしています。キリッ」と、今さっきまで高知にいたくせして思いっきり嘘をついたことをもやもやと思い出していたら、やはりというか、御多分に漏れず、今や観光客がたくさん訪れる名物純喫茶店「さぼうる」の紹介がはじまりました。

そのおじいさまご店主も超有名人である名物喫茶店も、店内には求人募集の紙が貼られ、今は人手不足のよう。

その昔は働きたくても人手は足りてるから働けない、そんな場所だったのに。

こんな名店でも、全国的に問題になっている人手不足の波は押し寄せているんですねぇと、ジェーン・スー女史と堀井美香アナ(憧れの存在)が呟いておりました。

 

なんだよ、そんな都会の超有名な店にもさえ人が来ないんだったら、うちなんか・・・と、ちょっと、弱気に。

 

だったら!

潔く金で釣る作戦で行きます。

ほ~ら~、ほぼ千円だよ~。

 

昔はまかない付きがお腹を空かせた働き手にとって最大のメリットだった時代はもう過ぎている。今は「まかないいらないです!」とキッパリと断られることが増えて、ものすごくなんだか寂しい。一緒に釜の飯食べてたら、その子とは必ず長続きするんだけど、辞める子は大抵まかない食べない子だなぁ、そういえば。

人の家のごはんが食べられない、という人がいるとも聞くし、まかないといえども、家の仲間みたいになることだもんねぇ。・・・それかうちが漆黒企業だry。

 

 

 

そうなんだ。

メディアって、こうやって平気で嘘を電波で垂れ流してるんだわ・・・と、業界の悪の裏側を、身を持って実証してみせた、とても貴重な経験でした。

高知に帰ってきて、誰にもバレませんように・・・と祈っていたのも虚しく、幾人かのお客様に見つかっており、非常に恥ずかしい思いをしたのは、言うまでもありません。