英屋のブログ

英屋へようこそ!

大丸の北海道展、マジで「にしんの糠漬け」がオヌヌメ。

f:id:hideyanoblog:20171005170507j:plain

肌寒くなると、思い出します、煮物の味を。

暑い時期には食べたいだなんて考えも及ばなかった、気候も無事適温になりまして、やっとぐる煮を作ろう!という気になれました。

美味しいです、野菜の甘みが凝縮してます。

f:id:hideyanoblog:20171005170504j:image

高知の生がきがはじまる季節。

地がきが入荷しましたよー!

他、ブタバラと大根の角煮なども作った!

涼しくならないと思いもよばない秋メニュー…。

f:id:hideyanoblog:20171005173200j:image

旬の食材を純なレベルで味わえるから、アイスクリームづくりっておもしろいんです。

大分から、毎年送られてくるかぼすを、ほんとうは麦焼酎いいちこさんがくれるものだから、先方の商品を盛り立てるよう使わなければならないところだが、今年はこちら側に採用させていただきました。

前にレモンで作ってみたらなかなか美味しかった柑橘アイスクリームのレシピ。

ダンボールいっぱいのかぼすをこれでもかと搾って、生クリームの味わいを活かしたかぼすのアイスクリームを作りました。

かぼすの風味が爽やかで甘酸っぱい仕上がり!美味しいですよ。

f:id:hideyanoblog:20171005170501j:plain

北海道物産展では、糠づけのさんまを買うのがいつもなのですが、去年はなかったにしんの糠づけなるものが新登場してまして即決購入。

ほんとうに、おいしいです。糠漬けって、野菜よりも魚の方が美味しいんじゃないかと思う今日このごろです。マジで糠さんていい仕事するよね。

f:id:hideyanoblog:20171005170520j:image

ベイスターズ監督の山下大輔さんを囲んでみんなでパシャリ☆

カウンターの壁にサインをいただいてます。

「ホエール」と背番号の「1」の文字にみんな、おぉ…と(笑)

みんなすりすりしに来てね♫

 

松茸も見習え!

f:id:hideyanoblog:20171003161029j:image

今日のまかないは、納豆炒飯でした。

新たな発見をしてしまいまして、納豆ご飯を食べてる時に、ふと魔が差して、目の前にあった豚キムチ炒飯ふりかけをかけてみたんです、あぁ、チャーハンと納豆って、美味しいもんなぁ、ということは、・・・これももちろんアリだよなぁと思って。

味覚って直感、わたしの五感が指し示した、これは、いけるはずだと。

・・・いけた。

完璧見事なまでに納豆炒飯の味をしている。

意外なことに大将のお墨付きです、自信を持って薦める、ぜひお試しを。

炒めず簡単に、フライパンも汚さずにあなたの好物の納豆チャーハンが出来上がりますよ!オススメです!

 

えらい早朝に街を歩いてたんだ!帯屋町軒並み開店前だもの。

f:id:hideyanoblog:20171003161040j:image

いつも通っているこの道、大丸から四国銀行へ、そこから入る路地、元うるうさんがあって、肉屋へ抜ける道、きっと明日も大丸の北海道物産展へ行くために(明日が初日!ロイズ!ロイズ!!)通ることになるだらう道がブラタモに。

f:id:hideyanoblog:20171003161042j:image

右の→ギザってなってるお堀、あの路地のもっこりしているところ、わたしがいつも自転車で一回踏ん張って登るところは、お堀の土橋の名残。

「つちばし」というアーケードにあるお蕎麦屋さんもそれにちなんでるとな!!知らなかったー。

f:id:hideyanoblog:20171003163949p:plain

追手前公園もタモリの変な形をしている公園ですね。という言葉を聞くまで考えてもみなかった、あれ、河を埋めてる形をしているところだったんだ。

①がつちばし蕎麦屋、追手前公園から①までが上の地図での水が流れていたところ。

そこから(高知城方面への)内側が上流階級の暮らす地域で、その外側に暮らす下層階級との境界線に、このお堀がなっていた。

現代(いま)やそんなヒエラルキーな境界線など無視して、大丸物産展にいそいそと通っているというのにね…。

・・・このお話は、高知の歴史好きが高じて、昔のこういうところ、土佐の頃の名残を探している静岡在住のK氏から、もうだいぶ前にすでに伺っていて、それがまるごと放送内容と同じだから、なんて視点が同じなんだと思って、なんかおもしろかった(笑)

じもピー意外と住んでるところに興味がないものよね、高知の面白い話ってみんな県外の人から教わってる、高知ファン以外と多いね(笑)

高知新聞のブラタモのところがピンクに塗られていたり、放送日の宣伝広告がアーケードの中にでっかく飾られていたり、放送後のフェイスブック歓喜に湧いていたり、まさかこんなに盛り上がるとはと驚いてた、恐るべし、ブラタモ。

すごくいい内容の番組だった。

子供の頃から、北も南も山に囲まれてんなぁ・・・と素朴に思っていた理由もこれで分かりました。知らなかった(笑)

この太平洋から市内に注ぎ込まれる水の流れによって生まれた地形が、土佐の坂本龍馬を作ったんですってよ、あながち間違いじゃないかも・・・と思いっきり番組の主張に感化されよる。堀で隔たれる上士と郷士という差別問題、土佐の造船技術、太平洋の向こう側にある大陸へのあ(↑)こがれが明治維新の原動力に、いや、こりゃアリだ。

恐るべし、ブラタモリ…。

f:id:hideyanoblog:20171003161055j:image

昨日オヌヌメしたまいたけ、昨日はたくさんご注文をいただきました。

揚げてびっくり、ステーキに添える鉄板で焼いてびっくり、香りが、すばらしいんです。

まいたけって、こんなに香ります!?こんなに素敵に華やかに、知らなんだ・・・。

最初天ぷらを食べたときに、松茸レベルに香ってんなぁ、負けてないじゃないか!と驚いた。

そしたら大将曰く、昔は松茸よりもこちらの方が珍重されていたのよって。

ほらぁ。だしょう~ね~。

安くてこちらのほうが美味いんだったら、もうこれで良いではないか!

松茸が高嶺の花と湧いてる隙に、実は茸界一なのかもしれないまいたけさんを大いに独り占めしちゃいましょう。ウヒヒヒヒ 

松茸は高すぎるんだよ~もう~。まいたけパイセン780円だよー。

天然!まいたけの天ぷら。

f:id:hideyanoblog:20171002163206j:image

珍しいそうです、天然もののまいたけが入りました!

八百屋さんが届けてくれた袋を開けて、びっくりしました。

その迫力ある大きさと、香りに。

人気の季節の天ぷら、秋はこの天然まいたけがオススメですぞ。

 

ないない、もう終わり終わり言いながら、まだあるんだな、めじかちゃん、閉店セールまだやってます!(笑)

だっていつもやる気満々の久礼の漁師さんが、まだ船出すゆうからさ。

ある限りはこちらもやめる気ありませんぞ。

まだまだ県外のお客様におみまい致します。

f:id:hideyanoblog:20171002164742j:image

おニューはカキフライのタルタルソース!

今日は久々に大将がタルタルづくりをしておりました。美味しくできたかな?

まさか昨日行った「目利きの銀次」で食べたフライのタルタルソースに感化されたんじゃないやろうな。

 

思えば月がはやくも十になっておりました。

季節の食材も入れ替わりの時期。メニューの内容の整理整頓が日々欠かせません。

 

いつまでも、あると思うな、夏の旬。

 

固執しちゃうんですよ、あ!あれ仕入れとかなきゃ!って。

違う違う。ということはもうそれはない季節なのよ。

これからの季節の旬にアンテナを向けておかなくっちゃ!

 

英屋二号店計画。

f:id:hideyanoblog:20170927162049j:image

本場讃岐は綾川に坐す「岡製麺所」のお母様が、先日店に来てくださったときに、岡製麺所の麺をお土産にまたたくさんいただいた!なんと、かけのつゆと、ぶっかけの醤油付きっ。

このセットはすごく嬉しいなぁ。

贈り物にいいかもしれない!

毎日のようにまかないで岡製麺所の味を堪能中!

こりゃしばらく讃岐に行かなくても大丈夫、来週の日曜日は久しぶりにうどん巡る~?なんて計画も立ってたんだけど(先週は徳島にたらいうどんを食べに行っていた、ちょっとそのお口直しをしたかった)もういい、英屋さんちにすでに日本で一番の讃岐うどんがあるのだから。

大将のすき焼きで、あの絶品の岡製麺所のオヌヌメメニュー「揚げ肉うどん」を再現。

美味い!!唐辛子も、岡さんのところが推奨しているものを当店でも使用しておりましたので、ほぼほぼいい感じに似た味わいができておりまする。お揚げさん用意できなかったから、天かすでごまかしたけども。

でもこのうどんはちょっと、なかなかよ、岡さんところから麺をもらって、だしはこっちでマスターすれば、大将のこの味付けのすき焼き肉で、英屋さんうどん屋さんできちゃうんじゃないかしらん、英屋二号店はこれで・・・。ヒソヒソ

岡さん、ママさんパパさん!ほんとうにいつもいつもありがとうございます!毎日うどんパーティーしてますー!

 綾川にある岡製麺所のうどんは、ほんとうにオススメですよー!

誰か「ネギ全面」食べて来てー、感想教えてーー。

 

炭水化物メインなのにサブも炭水化物、大量に余った米があったので、炒飯に。

食べてるときにスッと魔が差して、そこにあった炒飯ふりかけをかけて食べてみた。

両方ともが同じ味して、ふりかけの味がカメレオンの様に姿を消した。

恐るべし、現代の調味料を支える科学技術の力。

 

f:id:hideyanoblog:20170927162048j:image

そのたらいうどんを食べて帰ってくる道中に立ち寄った吉野のあのでっかい道の駅で、たまたま出会した阿波踊りのステージを鑑賞したり、買い物したりして、さっき食べたものについて考えるのをやめ、今現在を心から楽しんでいたところで土産物屋でめっけた。ひのきの、なんとブックカバー。

木って、ほんとうに不思議。こんなにも柔らかくなるんだ!段々自分の手にも馴染んでくるし暖かみもあるでしょ、だから、なんだかいいんですこれ。

お値段も2500円とそれなり。

でも袋から開けたときのひのきの香りがすごくよくて、なんだか新鮮で。

これも贈り物に素敵かもなぁ。

一目惚れしたの、なかなかいいよこれ。

吉野川ハイウェイオアシス、なかなか、あそこは遊べますね。

f:id:hideyanoblog:20170927175425j:image

亀治郎とも遊んだ。

f:id:hideyanoblog:20170927180917j:image

吉野川は雄大!

 

人生で初めてライブで観た阿波踊りでした。迫力あって感動。

どうもじもぴーの若ヤンチームぽい面々の連でしたが(やっぱ子沢山)、でもやっぱ良かった。阿波踊りはいい。

いつか本場で阿波踊りを観てみたいという夢がある。

テレビで観てても、この吉野道の駅の「阿波踊りステージ」に貼り付けてある「これが本場の阿波踊り」という写真を観ているだけでも、感動して涙が出てくるのはなぜなのか。

実際に観てきたよという人も、口々に感動しちゃった!と言うし。

一回本場の祭り観たら、きっととりつかれちゃうだろうなぁわたし。

 

たらいうどんは…

 f:id:hideyanoblog:20170927180330j:image

うーん。ゴリのダシ感をもっと期待してるんだけど…

 f:id:hideyanoblog:20170927180342j:image

f:id:hideyanoblog:20170927180413j:image

こういうシチュエーションが、たらいうどんか。

雰囲気を味わうものなのかな。

f:id:hideyanoblog:20170927180658j:image

確かに、お店の雰囲気は超楽しい!

f:id:hideyanoblog:20170927180729j:image

f:id:hideyanoblog:20170927180748j:image

偶然にも、須崎からの団体さんに出会す(笑)

 

意外とやる。

f:id:hideyanoblog:20170922165337j:image

また騙されてしまった。とかぼやきながら、まかないのときにいそいそと大将が出してきた、新商品と思しきふりかけ。

なんと、混ぜるだけで、炒めず簡単に炒飯ができちゃう!

嘘やんwwwと、もちろん安易に引っかかって買ってきやがったおやじをなじる、バカめ。

ちゃんとよく見て!小さく、炒飯の後に、ほんとうにちいちゃく、風、って付け足してあるよ!ここで抜け道作ってある、向こう側の意図がみえみえよ!

 

こうやって目についた衝動で買ってきたものの、あんま対したことなくて食べ切れずに余ってるふりかけが一体何個あると思ってんの、結局のりたまと三島のゆかり以外のふりかけは買ってきちゃだめってことなのよ、と、鼻でせせら笑いながら食べてみると・・・。

 

普通に美味かった。

 

この風味、焼豚、卵、そしてあの炒飯特有の化学調味料の風味まで口に広がる・・・。

これは、紛れもなく、炒飯味。

後味が完全に大好きな炒飯の味。これって、炒めずに炒飯できてる!

これちょっと動物性の脂も混ぜ込んでちょっとギトギトにさしてももっと美味くなるんじゃないか、と、アレンジの可能性を大将と議論も。

 

ちょっとめっけもん。

意外といける味で普通に毎日のように食べてます(笑)

それってすごいことよね、この、普通にいける、ことってのがどんなに尊いことかということ、料理って。調味料って。

 

今日は久礼も須崎もめじかがなくってどうせイチオシがないから、今日はこれが、一番のオヌヌメですっ!!!

嘘です!生サンマの塩焼き880円(高い!だからか売れない!!)もあるし、あん肝や愛媛のサバやのどぐろ刺身、塩焼きや流れ子もオヌヌメですー!

f:id:hideyanoblog:20170922173051j:image

「ダンケルク」

f:id:hideyanoblog:20170919161647j:image

めじかは、去年も10月初旬頃まではあったから、まだまだ旬は終わらないと思いまする。

最近、もう終わりじゃない?と聞かれることが増えてきて、あ、そういえば、そろそろもうそんな時期か、と。

今年は旬が一ヶ月ほど早かった、だけど、まだ中土佐町は船も毎朝出てるし、先方もまだ大丈夫じゃないですかね~とのこと。

今日のおすすめメニュー!

台風明けなもので、お魚ちょっと減ってますね。

目新しいのは、秋刀魚の塩焼きと、あん肝ポン酢、白まいたけ天ぷらかな。

白まいたけはめっけもんでした!

きのこの天ぷらは定番ですが、なかなか、香り高くておいしいきのこなんです、こやつ。

ということで、徐々に我が店も、秋メニューが混じり始めました。 

でも夏メニューもしつこく押してる、スィートコーン天と水なす浅漬けと・・・(笑)

高知名産熊澤さんとこのスーパースィートコーンの入荷をきっかけに、スィートコーン天を初めてみました。

スーパースィートコーンの旬は短く、ほどなくして産地は、徳島に移りました。

それもすぐに福井県産に変わったかと思いきや、産地は次に千葉に。そして群馬へ。

そのまま転々と北上を続けた後に北海道までたどり着きました。

こりゃ次来るならロシア産だな・・・という予想はふつうに外れ、いまも富良野産のまま旬は続いております。北海道が一番長くて安定してます、今のところ。

・・・とうもろこしって旬いつまでだったけ?冬もあ・・いや、冬は雪で埋もれるから普通に考えて、やっぱり夏としたものですかね、じゃあそろそろコーン天も終わりかな。

これから季節物の天ぷらは、しばらくは白まいたけさんに頑張ってもらいましょう!

 

ふぁっきん18号のせいで日曜日は臨時休業になりましたーー。

おかげさまで気合入っていた連休営業は不完全燃焼気味に。

わたしのなかで何かが弾けた台風中と台風明けは、映画三昧でストレス発散!!!

 

 

 

 

 

 

第9地区 [Blu-ray]

第9地区 [Blu-ray]

 

 

 

 

 

 

 

 これは↑愛宕劇場へ観に行きました、その前には、

f:id:hideyanoblog:20170919161916j:image

 シネコンでこれを観てました↑、ばかです、一日に二件ハシゴしてました。

どうしても観たかったこの二本、観れるチャンスはもうこの休みの日にしかなーい!!と綿密に時間を計算してバッチグーのタイミングで両方行けたよ、その日朝チラっと観たすっきりす占いで、五月生まれの方はものごとが計画通りに行く日とあった、まさにその通りに完璧な休日でしたね、えぇ…

…我ながら、バカだ・・・。

いやでもね、ダンケルクは観てよかった。劇場で観なきゃこの感動は味わえない。

臨場感です。

この監督は大のCG嫌いなことで有名。

極力本物の映像で映画を撮ることに命を懸けてる、なかなか信用のできる人なのです。

インターステラーインセプションはバリバリだったけど、電車が街を走るシーン(だったけ)は本物。

そんな人がよ、英仏独のダンケルクの戦いをよ、戦争映画をさ、リアルに撮ってくれるというんです。

スピットファイヤータソを、リアルで飛ばした映像が観れるというのよ?

バカしてでもゆくわ!んなもんっ。

 

ドーヴァー海峡に面したフランスの港町「ダンケルク」。1940年、第二次世界大戦真っ只中、ヒトラー率いるドイツ軍により、フランスとイギリスの連合軍の兵士40万人がこの地に追い詰められた。彼らを無事撤退させるため、史上最大の救出作戦が発動される。

この「生き残る」ための作戦が「ダンケルクの戦い」。驚くべきことにイギリスからは軍艦だけでなく、多くの民間船が自らの舵を取り、兵士と一般市民が協力し、自国の兵士を救おうと命懸けで戦った。奇跡を起こしたのは、仲間を救おうという強い想い。

この歴史的事実は、“ダンケルク・スピリット”という英国人の誇りとして今も語り継がれている。〈パンフレットから抜粋〉

映画が始まって、状況が冒頭で少し理解出来たら、観客は、いきなり戦場に放り込まれます。

海岸線に追い込まれた状況下の主人公と共に、ダンケルクの砂浜で、救出の船を待つ兵隊の長い列の間を駆け回ります。

そんな「防波堤」での主人公の一週間の出来事と、「海」でのダンケルクへ救出に向かう民間船の一日の出来事、「空」の、撤退を支援するためダンケルクへ向かう空軍兵士の一時間の出来事と、それぞれ三つの人物の「戦争」が描かれる。

残りあとわずか・・・。

追い詰められる「時間」との戦いの場面が、チッチッチッチという時計の針の音のような緊張感迫る音楽とともに続きます。

緊張続く3つの時間は終盤に交差する地点へと進んでいく。

 

あの、日本映画で零戦ものやった時のちゃっちいCGで零戦の戦闘シーンかまされたときのあのガッカリ感。沈む戦艦たちのだっさい絵っぽさ。

こんなことするなら映像化なんてしないで欲しかったと、期待を少しでも持った己を呪ったご経験をされたことのある方ならば、皆この映画観て、きっと、泣きます。

リアルさを求めたからこそのあるこの臨場感!

「海」の一日の民間船の場面、登場人物のおじいちゃんのセリフが後々響きました。

自分たちの世代がはじめた戦争を孫の世代にまで押し付けてしまった__。

ラスト際になって、海上に起こったとある現象がスクリーンいっぱいに映し出された、カメラがそれらに寄って、じっくり様子を映すシーンでなんか分かって、泣いたね。

ほぼほぼ最後はいろいろ気持ち、きっぱなしでした。捨てどころが1秒もない映画。

今年ベスト1です!!

 

休日の讃岐うどん巡り。綾川の「岡製麺所」。

昨日はお盆休みの振替休日をいただいておりました。

お店に来られたお客様、いつもどおりに行ってみたらシャッターが閉まってて、すわ、英屋さん夜逃げか!と思われた方もおられるでしょうね。

ちゃんと「九月四日月曜日はお休みをいただきます。英屋」と書いた張り紙を用意しといたのに、それを貼ることをすっかり忘れておりました。

みなさまに要らぬ思いをさせてしまったのではないかと心配しております・・・

が、今日もこのように、みなさまの為の労働に元気いっぱい勤しんでおりますぞい!

 

 

休日となった昨日は讃岐へはるばる、仲良くさせてもらっている方の製麺所へUDONを食べに行っておりました。

f:id:hideyanoblog:20170905162901j:image

 

香川県綾川の岡製麺所へ。

岡製麺所食べログページ⇒(https://tabelog.com/kagawa/A3702/A370202/3700014

ずっと交流させてもらっているのですが、初めて、岡さんのうどんを食べることができました。

うちの大将とライターのゲッツさんゲッツ板谷の波風日記のファン繋がりの岡ひろみさん(本名)。

うちの大将がつついている英屋twitterをフォローしていただけましたら、ゲッツさんや岡さんや、ゲッツさんの作品にこれからきっと重要な人物になるであろうナイスキャラの合田くんとの交流の一幕が垣間見えますぞ。

エンジンはハイオク満タン! 

合田くんのブログ。

合田くんの文章がなんか好きで、何気ない日常を自分の言葉で綴る、その、ほんとうに素直さな文章がね、なんかいいんだ…(笑)

綾川というところは、ほんとうに何もない、田舎な土地柄で、(だのにジャスコが超デカくて、やたらお洒落。デニーズ?とかいうまだ高知に無いはずのCoffee屋のアイスコーヒー(この手にしては美味いの)をテイクアウトしながらなんか、悔しかった…)岡さんの製麺所を探しながら、こんなところにうどん屋がほんとうにあるのか!?と心配になるような道をナビもそのまま行けと押し切るし、このままたどり着いた目的地が廃墟だったってなってもおかしくないぞと笑いながら、でも、マジかもね…って、言い言い走ってたら、ほんとうに山道の途中にひっそりとあった。

月曜日の平日だったので、じもぴーな、作業服姿のお兄様方がお昼休みに来ているの時間帯。

初めて食べる念願の岡製麺所のうどん!オススメの「肉あげうどん」をいただきました。

いわゆる温いかけの肉うどんにお揚げさんの千切りがこれでもかと入ったうどん。

大きな玉ねぎの牛肉は甘く炊かれていて、それがかけのダシと良い相性でほんとうに美味しいんです!びっくりした。

麺ももちろん素晴らしい。実は、岡さんところの麺を、何人かのお客様にうちでお出ししたことがあるんです。みんなやっぱりその美味しさにびっくりしていました。

麺の風味に製麺所ごとでこんなに違いがあるんだ!ってそれがどれも美味しいのでまた驚くし。そういうのって高知、うどんに関しては、ないものねぇ。

最後の最後まで美味しくて、余韻にずっと浸ってた、あぁ、美味しかったねぇって。

何時間もかけて走って来て、滞在時間五分も充たないという、さすがお昼時のうどん屋さんの回転率って半端ない。岡さん、また行きます!

合田くんやゲッツさんが賞賛して止まなかった岡さんの肉あげうどんをとうとう味わうことができました。お二人の激賞の言葉の理由がやっと分かりましたよ!

観光客向けのお店というよりも、ほんとうに地元に根付いた製麺所という感じ。

その雰囲気味わうだけでも、おもしろいと思いますよ!

観光客向けのうどん屋とまるで違ってアットホームですし、それも新鮮だった。

 

英屋今一番のオヌヌメの讃岐うどんのお店です。

こっそり名刺をしこたまとってきたので、お店でとっていってね(笑)

 

 

新鮮といえば。

讃岐うどん屋でいつも戸惑う、バリエーションが多すぎて、注文の言葉も店ごとに違うので、毎回新しい表現に出会うこと。

岡さんところで「ネギ多め」のことを、ネギが「半面」「全面」かで注文が通るところに出くわした。

シンプルながら、的確かつ、サービス精神も旺盛ではないか。いいなそれ!と膝を打った。